100年後でも聴いて楽しいアナログ名盤レコード

オリジナル盤,LP,RECORDSOUND

タグ:ブラームス

古典作品を中心としたレパートリーを磨き上げキャリアを積んでゆく。カデンツァは今日あまり弾かれることがないヘールマンのもの。ブラームス・ファン、若いヴァイオリニストに聴いて欲しいと切望するレコードです。 ...

「死よ、おまえの勝利はどこにあるのか」と怖じけずに前進しよう。クレンペラーの磨き抜かれた目が、ひたすらブラームスを凝視しているのではと思えてならない。レコードを作ることがオーケストラを育て上げた時代。 ...

このページのトップヘ