US VOX VBX410	ペルルミュテール ラヴェル・ピアノ曲集集全曲
通販レコード→米 ダーク・プラム・ラベル銀文字盤

US VOX VBX410 ペルルミュテール ラヴェル・ピアノ曲集集全曲


商品番号 34-9064


ラヴェル演奏の権威 ― ラヴェルの生き証人としてペルルミュテールの価値は永遠に語り続けられる。》この録音の傍らにはラヴェルがいます。瞼を閉じて、師に向かって語りかけるように奏でている。ヴラド・ペルルミュテールは、ラヴェル演奏の権威として知られておりパリ音楽院の教授として多くの弟子を育てました。その晩年の演奏会の印象は、ピアノ音楽好き、いや、普段は管弦楽曲しか聞いていないクラシック音楽マニアも虜にしたほどだ。しかし後年のペルルミュテール自身の演奏は、本人校訂の楽譜に書かれた注釈よりもいくぶんセンチメンタルな雰囲気が強まっていた。それっくらいの崩しがあったほうが、豊富な経験と老獪な手腕が相まって憎らしいほどラヴェルの音楽の持つ性質と一致していて魅力を感じやすいだろう。1904年リトアニア生まれ、13歳でパリ音楽院に入学し、モシュコフスキーとコルトーに師事、フランス音楽とショパンを主要レパートリーとするソリストとして半世紀近くにも及ぶ世界的なキャリアを誇る一方、母校の教授を長年に渡って務め、彼に学んだ日本人演奏家も多数存在します。しかし、このピアニストを語るうえで第一に挙げるべきは、やはりラヴェルとの出会いでしょう。1925年の21歳の時には大作曲家 モーリス・ラヴェル に気に入られて2年間ラヴェルの自宅で教えを受けることが出来た幸運なピアニストです。ペルルミュテールを「小さな真珠」と呼んだ、そのラヴェルの個人レッスンはラヴェルのピアノ作品全曲に及びました。そして演奏解釈をペルルミュテールに熱心に教えたといいます。そのピアノ作品の骨法を授けられたことが、このピアニストを比類のないラヴェルのスペシャリストに育て上げたのです。ペルルミュテールの楽譜にはラヴェル師匠の厳格な指示が細かく書き込まれていると云います。この経験によってペルルミュテールはラヴェル演奏の第一人者となりました。しかし、そこで立ち止まらずに、ペルルミュテールはラヴェルの意図を尊重しながら自身でラヴェル作品を組み立てなおした演奏になっています。そのことがあってペルルミュテール演奏の「ラヴェル作品全集」はラヴェル解釈の規範とされており、ラヴェルの解釈を最も的確に表現した演奏と言われています。ラヴェルのスペシャリストということで、聴いて落胆したという声をよく聞きますが、もう聞くラヴェルはないよ、とラヴェルの音楽が充満したら聞きましょう。これからもラヴェルの生き証人としてペルルミュテールの価値は永遠に語り続けられると確信する演奏です。

関連記事とスポンサーリンク