34-29999

通販レコード→US PURPLE WITH SILVER LETTERING 160g重量盤

他人が自分のスタイルが嫌いだと言ったなら嫌わせておけ、と。コンクールでもリスクはあるが、嫌われているからとスタイルを変える必要はない ― アーロン・ロザンド

アメリカのヴァイオリニスト、アーロン・ロザンドの初期の録音。サラサーテの曲集。 ― ジャズ界で有名なルディ・ヴァン・ゲルダーが担当したマスタリング。

モノーラル時代から初期ステレオ時代、LPのカッティングにはオールド・コロムビア、AES、デッカ、CCIRなど、さまざまな周波数特性が用いられていた。しかも、その切り替えの時期は各レーベルでまちまちであり、さらには高域と低域に別々の周波数特性を用いた盤もあった。その上に、エンジニア独自の手法を用いている場合もあり、この時期の周波数特性は実に複雑怪奇。だが、だいたいの傾向は決まっているので、コロムビアの周波数特性を使用していた、チェトラ・ソリア、ハイドン協会、ウラニア、ヴァンガード、ヴォックス、アメリカ・デッカは高域を若干下げ、低域も少し下げると、正しいものに近づく。もちろん、似せるというだけで、正式なものではない目安である。
本盤の再生には、EQカーヴはNAB.が良さそうだ。
名エンジニア、ルディ・ヴァン・ゲルダーの手による優秀録音だ。VS477の手書きで刻印されている。当時のVOXのマスタリングには、ジャズ界で有名なRVGが担当したものも少なくありません。この盤も彼の仕事であることが分かります。


  • Record Karte
    • 1964年録音。
    • B面は、Pete Helffrichの名前入りカッティング。

販売レコードの写真

  1. US VOX STPL512.760 アーロン・ローザンド play…
  2. US VOX STPL512.760 アーロン・ローザンド play…

CDはアマゾンで

アーロン・ロザンド ファースト・レコーディングス
アーロン・ロザンド
ナクソス・ジャパン(株)
2022-12-16

関連記事とスポンサーリンク