34-15611
通販レコード→蘭デジタル・レッド・ラベル白文字盤

NL PHILIPS 6514 320 ペーター・シュライアー モーツァルト・レクイエム

商品番号 34-15611

録音も演奏も一級品。20世紀デジタル録音最高のモーツァルトのレクイエム ― 並外れた名盤の理由は、コーラスの素晴らしさに耳を奪われるところ。それもあってかソリストの新鮮なアンサンブルが爽やかで感動的。》指揮するのは、すばらしいモーツァルト歌手として名高いシュライヤー。なるほどコーラスが、まるで彼の歌を聴いているような歌いまわしでさすがと思わせる。それにもまして、ソリストの新鮮なアンサンブルがさわやかで感動的。ペーター・シュライアーの指揮した作品、もっと聴いてみたい。歌手としてのシュライアーはオペラ好きになる切っ掛けとなったテノール。持って回った歌いまわしのない受け入れやすい歌唱でした。宗教曲や歌曲も多いからだと知ってから録音を追いかけ、このレコードもシュライアーが歌っていると思い込んで針を下ろしたのでした。最初に、このレコードを聴いた時の印象。これが、Philips の音かと感動して以来、虜になりました。それからはシュライアーの指揮の録音も楽しみにしたものです。合唱、ソリスト、オーケストラ三位一体となってハーモニーを作り上げていく様は圧巻です。シュライヤーの指示が行き届いているのでしょう。時折見られるタメがなんとも求心力があります。バランスの良い演奏。シュターツカペレ・ドレスデンの響きがとても充実している。それというのも録音技師がシュトリューベンということもあって、大変録音が良く、合唱団もソリストもどのパートがどこにいるかしっかり分かります。加えて演奏も一級品。アーティキュレーションが強めに付いていて表情豊かです。しかし古楽にありがちな押し付けがましさがありません。どこにも文句のあろうはずがない、20世紀デジタル録音《最高のモーツァルトのレクイエム》です。版はジュースマイヤーによる完成版。赤色の地に「PHILIPS」の社名ロゴが大きく印刷された、このラベルは1960年代の半ばから1980年代までの長きにわたって使用されてきました。ご存知のように、この頃の同レーベルには名演・名録音盤にあふれています。「HIFI-STEREO」と印刷されたマルーン・ラベルの再生音と比べて、ホールトーンを積極的に捕らえた録音は、ホールの平土間の少々後方の席で聞いたサウンドイメージですが、実際にホールで聞くよりも各楽器のディテールが手に取るようにわかり、しかも決して混濁することがありません。それは演奏の録音後に、ホールトーンを録音してブレンドして創りだされた独自製法が施されていて、ここに、アナログ録音の完成されたひとつの姿として雰囲気豊かな再生音になっている理由を見出すことができそうです。なお、初期のものはロゴが銀色で、後期のものは白で印刷されています。1982年、デジタル録音。
関連記事とスポンサーリンク