34-13723
通販レコード→蘭シルバー黒文字盤

NL PHIL 411 106-1 マリナー メンデルスゾーン・真夏夜夢

商品番号 34-13723
革新派として登場し、楽団員のひとりとして演奏しているレコードも多いのは特徴。 ― 詩情あふれる出だしから、メンデルスゾーンの音楽のもつロマン性を余すところ無く表現した名演奏です。一級のオーディオファイル盤。》イギリスが生んだ文豪シェイクスピアの作品を素材としたメンデルスゾーンの傑作を、フィルハーモニア管弦楽団とネヴィル・マリナーのコンビが節度あるリリシズム、洗練されたスタイルで緻密に描き出した好演。アーリン・オージェとアン・マレイの清澄な声の響きも魅力です。マリナーとフィルハーモニア管弦楽団との録音はこれが唯一ではないかと思います。独唱陣が豪華で、名歌手アーリン・オージェと、オペラで活躍しているアン・マレイを贅沢に起用。金管楽器群を含むトゥッティはまろやかにブレンドしているし、内声がくっきりと浮かび上がるクリアな響きは、小編成オーケストラのそれに通ずる感覚があります。小編成の演奏と表現されるきらいもあるフィルハーモニア管弦楽団の特色が良い効果になっています。マリナーはこの名曲をソロを浮き上がらせるように際立たせ、まるで違った曲のように聴かせてくれる、素敵な演奏です。一級のオーディオファイル盤でもあるアナログレコードの魅力を示す一枚です。サー・ネヴィル・マリナーはイギリスの指揮者。英EMIでヘルベルト・フォン・カラヤンがフレッシュな演奏でレコーディングしていた時代のフィルハーモニア管弦楽団の第2ヴァイオリンの首席奏者を務めていた。仲間内での演奏を録音してテープをレコード会社に聞いてもらい、正式なレコーディングのチャンスを得た。アルトゥーロ・トスカニーニ、ヴィルヘルム・フルトヴェングラー、カラヤン、ピエール・モントゥー等のレパートリーの穴を埋めるように、バロック時代の作曲家の作品を大系的に録音。英国作曲家の録音に力を入れてレコード蒐集家に知名度を得た。ヨハン・ゼバスティアン・バッハやヴィヴァルディの有名曲は当然ながら、コレッリ、アルビノーニの全作品集の録音は、音楽辞典だけで知っている実際の演奏を聞くことが出来るようになった。モーツァルトの管弦楽作品を短期間ですべて録音してしまう偉業は奨励もの。シューベルト、メンデルスゾーン、ブラームスにまで及んでいる。近代英国作曲家のレコードも精力的だったので、レパートリーの最も広い指揮者ではないか。革新派として登場し、楽団員のひとりとして演奏しているレコードも多いのは特徴。1924年、イングランドのリンカーン生まれ。ロンドン王立音楽大学とパリ音楽院でヴァイオリンを学ぶ。その後、マーティン弦楽四重奏団の第2ヴァイオリン奏者を務め、音楽学者サーストン・ダートと共にジャコビアン・アンサンブルを創設。当初、イートン校でヴァイオリンを教えていたが、そのかたわらでピエール・モントゥーに指揮の指導を受ける。1952年フィルハーモニア管弦楽団に入団し、その後、1956~68年にはロンドン交響楽団の第2ヴァイオリン首席奏者を務める。この間、トスカニーニ、フルトヴェングラー、カラヤン、モントゥーなどの名指揮者のもとで経験を積む。1958年、アカデミー室内管弦楽団(アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ)を創設。コンサート・マスター兼指揮者として活動をはじめたが、その後、指揮に専念する。当初、アカデミー室内管弦楽団は弦楽器だけのアンサンブルで、バロック音楽や古典派・ロマン派の弦楽作品をレパートリーの基本としていたが、次第に管楽器も加えて古典派の交響曲の演奏を行うようになる。その後、通常のオーケストラの編成まで規模を拡大し、シューベルト、メンデルスゾーン、ブラームスの交響曲全集録音などにも取り組む。1969年からロサンジェルス室内管弦楽団の音楽監督を務め、客演も含めた指揮活動が本格化してゆく。1971~73年ノーザン・シンフォニアの準指揮者を兼務し、1979年~86年ミネソタ管弦楽団の音楽監督、1983年~89年シュトゥットガルト放送交響楽団の首席指揮者を歴任。1985年には、「ナイト」の称号を受ける。ウィーン、ベルリン、パリ、ミラノ、アテネ、ニューヨーク、ボストン、サンフランシスコ、東京の各地でオーケストラを指揮し、日本では、NHK交響楽団、東京都交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、札幌交響楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢、兵庫芸術文化センター管弦楽団を指揮している。アカデミー室内管弦楽団とは膨大な数の録音を行ない、世界的な評価を得ている。モーツァルトの交響曲全集と、ブレンデルとのモーツァルト協奏曲全集の録音は特筆されよう。映画「アマデウス」のサウンド・トラックでは指揮及び音楽監督を務め、3部門のグラミー賞を獲得した。現在はアカデミー室内管弦楽団の<ライフ・プレジデント>の肩書きを持ち、2014年4月には、90歳の誕生日を記念してロイヤル・フェスティバル・ホールで開催されたバースデー・コンサートで指揮し、大喝采を浴びた。2014年、長年にわたって数多くの録音を残してきた功績を讃え、ロンドンのグラモフォンから特別賞を授与された。2016年10月2日、ロンドンの自宅で安らかに息を引き取った。音楽史、音楽界で最大級の悲劇と感じるひとつが、このメンデルスゾーンの業績のいわれのない低評価です。そして、指揮者としてネヴィル・マリナーの業績もしっかり評価される時を期待しています。
関連記事とスポンサーリンク
商品名NL PHIL 411 106-1 マリナー メンデルスゾーン・真夏夜夢

販売レコードの写真

  1. NL  PHIL  411 106-1 マリナー  メンデルスゾーン…
  2. NL  PHIL  411 106-1 マリナー  メンデルスゾーン…