IT MELODRAM 088 エリーザベト・シュヴァルツコップ オペラアリア集
通販レコード→伊カーキ黒文字盤

IT MELODRAM 088 シュヴァルツコップ オペラアリア集

商品番号 34-10166
ワーグナー:「ラインの黄金」(1941年5月、ベルリン)に始まり、モーツァルト:「後宮からの逃走」(1944年、ウィーン)、「コシ・ファン・トゥッテ」、「ドン・ジョヴァンニ」、「魔笛」、「フィガロの結婚」(1952年12月、ハンブルク)、「イドメネオ」(1952年12月、トリノ)、プッチーニ:「蝶々夫人」(1952年、ハンブルク)、コルンゴルド:「死の都」、リヒャルト・シュトラウス:「バラの騎士」までのオペラ、リヒャルト・シュトラウスの歌曲と、最終面はヴォルフの歌曲9曲のリサイタルに至る女王シュヴァルツコップによる輝かしいドキュメント。全盛期までの10年間を確認できる。20世紀を代表する偉大なソプラノ、エリーザベト・シュヴァルツコップは、1953年から1964年にかけてザルツブルク音楽祭の期間中、モーツァルテウムで10回のリサイタルを行っています。そのうちの大部分がヴォルフの歌曲に充てられたほど、もっとも重要なレパートリーとしていた。1981年初発、2枚組。
関連記事とスポンサーリンク