34-20184
通販レコード→GB WHITE&BLACK STAMP DOG×2、COLOR STAMP DOG 二種混合

GB EMI SLS5152 カルロ・マリア・ジュリーニ モーツァルト・フィガロの結婚(全曲)

商品番号 34-20184

クライバー盤に並ぶ人気盤。

1959年録音のジュリーニの「フィガロの結婚」は、今やクライバー盤に並ぶ人気盤。当時の考えられる限りの最高の歌手陣を集めた演奏は、本当に素晴らしい。

美しいカンタービレが底流しているのはジュリーニならではの美学の反映。

伯爵夫人にエリザベート・シュヴァルツコップ、アルマヴィーヴァ伯爵にエーベルハルト・ヴェヒター、フィガロにジュゼッペ・タッデイら豪華なキャストを、イタリアの指揮者カルロ・マリア・ジュリーニが流麗に統率した活気あふれる ― といっても昨今のように元気で素朴というようなものではなく ― いつまでも魅力を失わない名盤です。そこにはあくまでも美しいカンタービレが底流しているのはやはりこの指揮者ならではの美学の反映。1955年からロンドンでフィルハーモニア管弦楽団との録音を開始していたジュリーニは、1958年にはロイヤル・オペラ100周年記念上演をルキノ・ヴィスコンティの演出によるヴェルディの歌劇『ドン・カルロ』で指揮して評判となり、1959年にはオットー・クレンペラーがキャンセルしたモーツァルトの歌劇『ドン・ジョヴァンニ』と『フィガロの結婚』の録音セッションの指揮を任されることとなります。この折、クレンペラーは実演の『ドン・ジョヴァンニ』演奏会形式上演もキャンセルし、そちらは若きコリン・デイヴィスが代役を務めて一躍その名を高めることとなります。このジュリーニの『フィガロの結婚』は、個性的な表現を持つアンナ・モッフォ、ピエロ・カプッチッリもまだ若々しく透明感に満ちた表現をしているのもかけがえのない魅力のひとつ。他にはフィオレンツァ・コッソットのケルビーノが良い。シュヴァルツコップも抑え気味にヴィブラートをかけいたずらに歌い上げることもなく、タデイの雄弁なフィガロには「輝き」を感じます。「フィガロの結婚」には数多の録音があれども、きびきび進む音楽で、これほど軽やかさ、爽やかさを持ったものは他にない。晩年の深遠なスタイルと違ったジュリーニの貴重な記録と言う意味も含めて、名盤の名にふさわしい。

ファースト・チョイスに相応しい、永遠の名盤。

歌手達が、ほとんど生涯で一番良い時期の録音。的確に役にハマる歌手が揃っています。適材適所、しかもネームバリューもある豪華な歌手たち。この時代の歌手はレコード会社との専属契約を結んでいるのが常で、英コロンビア(EMI)が歴史のある大手レコード会社とはいえ天のサイコロがピタリと目を出した奇跡。それとも運命のイタズラかフィルハーモニア管弦楽団との良好な関係を構築したかに見えたヘルベルト・フォン・カラヤンは、1955年にベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に就任してしまい、その後期待されたグィド・カンテルリが1956年に航空事故で急死。1959年にはオットー・クレンペラーは常任指揮者(後に終身)に就任し多くの演奏、録音を残すが、クレンペラーがキャンセルしたモーツァルトの歌劇『ドン・ジョヴァンニ』と『フィガロの結婚』の録音セッションの指揮をカルロ・マリア・ジュリーニが任されることとなります。ジュリーニは、2005年に91歳で亡くなったイタリアの指揮者。劇場たたき上げの指揮者で、ミラノ・スカラ座でヴェルディのオペラを得意とした。オペラ指揮者としてだけでなくコンサート指揮者としての評価も高い。ジュリーニが指揮した歌劇「フィガロの結婚」の全曲盤は、 エリザベート・シュヴァルツコップ、エーベルハルト・ヴェヒターのウィーン系に、アンナ・モッフォ、フィオレンツァ・コッソット、ジュゼッペ・タッデイ、ピエロ・カプッチッリらイタリア系と異なる趣向の歌手たちを見事に統率、融合させた若きジュリー二の棒の冴え。同じジュリー二の「ドン・ジョヴァンニ」と同じく、モーツァルトの歌劇のファースト・チョイスに相応しい、永遠の「フィガロの結婚」だ。


  • Record Karte
  • フィガロ:ジュゼッペ・タッデイ(バリトン)、スザンナ:アンナ・モッフォ(ソプラノ)、アルマヴィーヴァ伯爵:エーベルハルト・ヴェヒター(バリトン)、アルマヴィーヴァ伯爵夫人:エリーザベト・シュヴァルツコップ(ソプラノ)、ケルビーノ:フィオレンツァ・コッソット(メゾ・ソプラノ)、バルトロ:イーヴォ・ヴィンコ(バス)、マルチェリーナ:ドーラ・ガッタ(メゾ・ソプラノ)、ドン・バジリオ:レナート・エルコラーニ(テノール)、ドン・クルツィオ:レナート・エルコラーニ(テノール)、バルバリーナ:エリザベッタ・フスコ(ソプラノ)、アントニオ:ピエロ・カプッチッリ(バリトン)、二人の孤児:ジリアン・スペンサー(ソプラノ)、二人の孤児:ダイアナ・ギリングハム(メゾ・ソプラノ)、ハインリヒ・シュミット(チェンバロ:通奏低音)、フィルハーモニア合唱団(合唱指揮:ロベルト・ベナリオ)、フィルハーモニア管弦楽団、カルロ・マリア・ジュリーニ(指揮)。1959年9~11月ロンドン、キングスウェイホールでのステレオ・セッション録音。4枚組。

販売レコードの写真

  1. GB EMI SLS5152 カルロ・マリア・ジュリーニ モーツァル…
  2. GB EMI SLS5152 カルロ・マリア・ジュリーニ モーツァル…
  3. GB EMI SLS5152 カルロ・マリア・ジュリーニ モーツァル…
  4. GB EMI SLS5152 カルロ・マリア・ジュリーニ モーツァル…
  5. GB EMI SLS5152 カルロ・マリア・ジュリーニ モーツァル…

CDはアマゾンで

Le Nozze Di Figaro
Mozart, W.A.
Warner Classics
2013-03-18


モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」(2枚組)
フィルハーモニア合唱団団員
ICA CLASSICS
2019-05-24


モーツァルト:フィガロの結婚 ハイライト
カプッチッリ(ピエロ)
EMIミュージック・ジャパン
2006-01-25


関連記事とスポンサーリンク