GB DGG 2530 398 カール・ベーム ハイドン・協奏交響曲&交響曲90番
通販レコード→独ブルーライン盤

GB DGG 2530 398 カール・ベーム ハイドン・協奏交響曲&交響曲90番

商品番号 34-17380

レコード・コレクターの誰もが持っているハイドン ― ベームにとっては、比較的珍しいハイドン。奇を衒ったようなところの一切ない、誠実で端正なハイドン。なかでは、ウィーン・フィル・メンバーがソロに立った協奏交響曲が、心地好い音色を聞かせてくれている。ウィーン・フィルの抜群の音色美とハーモニーで聴く者をモーツァルトとはまた違ったハイドンの古典の美にいざなう、70年代のベームの傑作でありモダン楽器のハイドンとして極めて高水準のものだ。弓さばきがキリッとエッジがついて鮮明なオーケストラの響きが素敵。ソロの魅力も炸裂。ベームの全盛期の覇気と極上のウィーン・フィルの響きを堪能できる名盤。
クラシック音楽レコード・コレクターは交響曲を中心としているだろうが、あなたの「交響曲コレクション」をビルドするきっかけになった曲はなんですか、というアンケートの結果がある。ベスト10の内、ベートーヴェン、モーツァルト、ブラームスを抑えて、ハイドンの交響曲が2曲あげられた。〝交響曲の父〟と呼ばれるフランツ・ヨーゼフ・ハイドンが、“パパ・ハイドン”と呼ばれて慕われるのは、彼が心の広い人間だったからだ。「自分より才能が上」と人に語ったモーツァルトからは、作品を献呈されるほど敬愛された。ベートーヴェンに対して、「やがてヨーロッパ最大の作曲家のひとりとなるでしょう」と称賛を惜しまなかったのも、並外れて謙虚で優しい人柄ゆえだった。交響曲だけでも100曲以上書くほど勤勉なハイドンは、ユモリストでもあった。笑ってしまう音楽もたくさん残しているが、ハイドンは老齢に達しても時代の流れやそれに沿った要請には積極的に対応する精神的な若々しさがありました。4つの楽器を独奏楽器として用いた「ヴァイオリン、チェロ、オーボエ、ファゴットと管弦楽のための協奏交響曲」、通称「協奏交響曲(symphonie concertante)」。ソロ奏者とオーケストラとの協演を目的とした協奏曲に対し、独奏楽器がソロではなく複数であり、複数奏者とオーケストラとが演奏する協奏交響曲は、バロック時代の合奏協奏曲に倣った「複数種の楽器のサウンドが交わった協奏曲」である。事実上協奏交響曲でありながら協奏交響曲と名付けられなかった作品にはモーツァルトのフルートとハープのための協奏曲、ベートーヴェンの三重協奏曲がそうである。リストやブラームスに影響を与え、ブラームスの二重協奏曲や20世紀に至ってもショスタコーヴィチのピアノ協奏曲第1番などがある。それほど多様な要素があるためか、音楽内容は高度ながら、レコード業界の慣習上おいても交響曲全集に「協奏交響曲」が含まれることは通常ない。ヨハン・ゼバスティアン・バッハの息子ヨハン・クリスティアン・バッハも協奏交響曲を作曲しており、ヨハン・ペーター・ザロモンの演奏会に対抗するプロフェッショナル・コンサートでもとりあげられていた。ハイドンは交響曲で特定の楽器を独奏風に使用することを好んでおり、また楽器の対比的効果にも関心を持っていた。当時のロンドンで流行していたトレンドだったことに刺激を受け、ザロモンのヴァイオリンの腕前を生かすこともできることも手伝って野心を燃やして作曲しました。
関連記事とスポンサーリンク
その全盛はSPレコード録音の時代で、LPレコードのためにスタジオで活動したのはほんの僅か、そうしたヴィルヘルム・フルトヴェングラーは1951年に没したが、時の経過につれて奥深さを痛切に感じるのは聴き手として、わたしが歳を重ねたことにあるのか。今となってはカール・ベームの音楽がわからなくなっている。ヘルベルト・フォン・カラヤンを際立てるために同時代にあったのだろうか。膨大なレパートリーの印象がカラヤンにはあるが、1945年以後の音楽には関心がないと明言している。ベームのレパートリーはどうだっただろう。『現在ドイツ、オーストリアに在住する指揮者としては、フルトヴェングラー亡きあと最高のものであろう。』とカラヤンとの人気争奪戦前夜の評判だ。『その表現は的確で、強固なリズム感の上に音楽が構成されている。メロディを歌わせることもうまいが甘美に流れない。彼は人を驚かすような表現をとることは絶対にないが、曲の構成をしっかり打ち出し、それに優雅な美しさを加え、重厚で堂々たる印象をあたえる。まったくドイツ音楽の中道を行く表現で、最も信頼するにたる。レパートリーはあまり広くはないが、彼自身最も敬愛しているモーツァルトや生前親交のあったリヒャルト・シュトラウスの作品はきわめて優れている。しかしブラームス、ベートーヴェンなども最高の名演である。』これが1960年代、70年代の日本でのカラヤンか、ベームかの根っこになった批評ではないか。
カール・ベームはモーツァルトやリヒャルト・シュトラウスの録音をずいぶん聴きましたが、巨匠指揮者のレコーディングで残念なのが、宗教音楽やオラトリオが少ない。1960年代にヨハン・ゼバスティアン・バッハのマタイ受難曲を振ってる巨匠で在りながら、映像で残っているものも在るというのに、実際のレコーディングに反映されてないのは残念である。ウィーン交響楽団で録音したオラトリオ『四季』は素晴らしいことは確かだが、ベーム指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のハイドンのほかは、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団による交響曲88番から92番「オックスフォード」までの5曲と、協奏交響曲の計6曲で、パリセットもザロモンセット ― ハイドンの晩年の交響曲。第82~87番までは「パリ・セット」、第93~104番までは「ザロモン・セット」と言われる名作群 ― もなく、その間をつなぐこのセットのみ。そして、この第88~92番の5曲もなかなかの秀作ぞろいです。同じ頃にヘルベルト・フォン・カラヤン、レナード・バーンスタインも先を争ってベルリン・フィル、ウィーン・フィルでハイドンの交響曲を精力的に録音していた。交響曲第90番はサイモン・ラトルが得意としてよく取り上げている曲。迫力を感じる音楽に仕立てあげられていて、時に乱暴にも感じられる。でも第2楽章は、ベームの自然なコントロールが美しい演奏。途中のフルートのソロが非常に美しいがオーボエのカール・マイヤーホーファー(Karl Mayrhofer)、バスーンのディートマール・ツェーマン(Dietmar Zeman)の木管楽器がソロを取る、《協奏交響曲》に当時のウィーン・フィルの名人芸を堪能できる魅力が集中する。裏表紙にソリストの笑顔が並んでいますが、ヴァイオリンはおなじみライナー・キュヒル(Reiner Küchl)、チェロはロベルト・シャイヴァイン(Robert Scheiwein)。ウィーン・フィルの弦楽セクションの素晴しい響きをゆったり楽しめ、先般勇退されたキュッヒルの艶やかなヴァイオリンの音色に圧倒されます。ヴァイオリンの弓さばきがキリッとエッジがついて鮮明なオーケストラの響きを特徴づけます。オーボエとチェロの響きにうっとり、ソロの魅力も炸裂。
1973年5月ウィーン、ムジークフェラインザール録音。

販売レコードの写真

  1. GB DGG 2530 398 カール・ベーム ハイドン・協奏交響曲…
  2. GB DGG 2530 398 カール・ベーム ハイドン・協奏交響曲…

商品名GB DGG 2530 398 カール・ベーム ハイドン・協奏交響曲&交響曲90番