34-18279
通販レコード→ダーク・パープル銀文字盤

GB DECCA SET231 カラヤン&ウィーンフィル ブラームス・交響曲3番/悲劇的序曲

商品番号 34-18279

DECCAでの短いが幸福な時期。その凄まじい迫力には圧倒されるブラームスの3番は、SXL規格では発売されていない。ウィーン・フィルとの蜜月を刻印した優美な演奏。》 レコード録音に対して終生変わらない情熱を持って取り組んだカラヤンが、一時代を画した事になったのが DECCA でのウィーン・フィルとのステレオ録音プロジェクト。これはやがて帝王と呼ばれるようになる躍進の始まりでした。1955年にベルリン・フィルの常任指揮者、翌1956年にザルツブルク音楽祭およびウィーン国立歌劇場の芸術監督に就任し、文字通りヨーロッパ・クラシック音楽界の「帝王」と目されていた時期でした。1959年秋にはウィーン・フィルとの日本も含むアジア、アメリカ、カナダへの大規模な演奏ツアーに同行、1960年のザルツブルク音楽祭では祝祭大劇場の柿落としで共演、また「ばらの騎士」の映像も収録するなど、カラヤンとウィーン・フィルとの関係が急速に接近していました。録音面でも、1950年代初頭から継続しているロンドンでのフィルハーモニア管弦楽団との EMI への録音、ベルリン・フィルとは1959年からドイツ・グラモフォンでスタートしていましたが、ウィーン国立歌劇場の芸術監督としてウィーン・フィルを指揮してお互いに良い関係が気づけているのでレコード録音して世界中のファンに聴かせたい。しかし、ウィーン・フィルは英国 DECCA と専属関係にあったので、カラヤン指揮ではレコードを作れない。ちょうどステレオ録音が導入されて活気付いていたレコード市場を席巻すべく接近してきたのは英国 DECCA 社でした。そのことでカラヤンは、この愛すべきオーケストラとの録音をドイツ・グラモフォンではなく、イギリス・デッカと行いました。結果、1960年代に残されたものは、どれもが名盤と呼ぶにふさわしいもので、LP発売以来、長らくファンに愛され続けてきました。レコードのステレオ録音は、英国 DECCA が先頭を走っていた。1958年より始まったステレオ・レコードのカッティングは、世界初のハーフ・スピードカッティング。 この技術は1968年ノイマン SX-68 を導入するまで続けられました。斯くて、1965年までカルーショーが後世に伝えるに相応しいカラヤン&ウィーンフィルの名盤をこの6年間で製作することになる。制作は英 DECCA のジョン・カルーショー、エンジニアはジェームス・ブラウン&ゴードン・パリーの二頭立てという『ショルティの指輪』制作陣がそのまま担当するという力の入れよう。後世に語り継がれるオペラを、ウィーンのソフィエンザール(カルーショーがお気に入りだったリング収録場所)で着手。その録音セッショッンの合い間にカルーショーは有名管弦楽曲の録音。当アルバムの2曲が録音された1961年は、5月にデル・モナコ、テバルディとの「オテロ」全曲盤、6月にレオンタイン・プライスとのクリスマス・アルバムという名盤を相次いで録音し、9月にウィーン国立歌劇場のシーズンが始まると、オペラ上演と平行してウィーン・フィルとは、当アルバムの2曲のみならず、「くるみ割り人形」、「ペール・ギュント」、「ジゼル」、「惑星」など、LPにして実に5枚分に相当する録音を集中的に行なっています。同じ時期の定期演奏会では録音曲目であるドヴォルザークの第8番を取り上げています。カラヤンにとっては初録音となった当アルバムの2曲にも、その蜜月ぶりが存分に反映しており、カラヤンの颯爽たる指揮に敏感に反応しつつも、伸びやかに自らの音楽を奏でるウィーン・フィルの魅力的な響きが聴きものです。何れも全体に覇気が漲っていて、弦も管も美しく技巧的にも完成度は高い名盤を量産。後の EMI や DGG のベルリン・フィル盤にはない魅力タップリのまったく聴いていてダレるような箇所がない。カラヤンとしてはストレートな運びのブラームスでも、第2楽章の優美なクラリネット、第3楽章の憂いに満ちたチェロやコクのあるウィンナ・ホルンなど、随所にウィーン・フィルならではの魅力が光っています。1963年に始まるドイツ・グラモフォンへ録音したベルリン・フィルとの、ブラームスの交響曲全集と近接した時期でもあり、比較するのも面白いのですが、『ベルリン・フィルとのそれより、このウィーン・フィル盤の方が音楽性においてより高みに達している。愉悦感やロマンティックな表情がより魅力的で、構造の堅固さと柔軟さを併せ持つこの音楽本来の姿を明瞭に音化し得ている。カラヤンも作品を尊重し、オーケストラを信頼しきった芸術家本来の姿が感じられる。この時期のウィーンのカラヤンは、彼としてももっとも良い演奏を残した年代にいた。優美な歌と音色の魅惑に満ちた、カラヤンのウィーン時代の最高の成果の一つ。その後の録音も見事だが、この演奏には華がある。』と評価されています。
商品名GB DECCA SET231 カラヤン&ウィーンフィル ブラームス・交響曲3番/悲劇的序曲
関連記事とスポンサーリンク

販売レコードの写真

  1. GB DEC SET231 カラヤン&ウィーンフィル ブラー…
  2. GB DEC SET231 カラヤン&ウィーンフィル ブラー…

商品名GB DECCA SET231 カラヤン&ウィーンフィル ブラームス・交響曲3番/悲劇的序曲