34-16644
通販レコード→マジック・ノーツ、セミ・サークル盤

GB COLUMBIA CX1574-5 オットー・クレンペラー ベートーヴェン・交響曲9番/エグモント序曲


商品番号 34-16644

英EMIの偉大なレコード・プロデューサー ウォルター・レッグは、1954年に目をかけていたカラヤンがベルリンに去ると、すぐさま当時実力に見合ったポストに恵まれなかったクレンペラーに白羽の矢を立て、この巨匠による最良の演奏記録を残すことを開始した。レッグがEMIを去る1963年まで 夥しい数の正に基準となるようなレコード がレッグ&クレンペラー・フィルハーモニアによって生み出された。本盤も基準盤の一枚で、レッグの意図する処がハッキリ聴き取れる快演。クレンペラーの解釈は揺るぎのないゆっくりしたテンポでスケールが大きい。ゆったりとしたテンポをとったのは、透徹した目でスコアを読み、一点一画をおろそかにしないようにとも思いたくなる。この気迫の籠った快演は聴き手に感動を与えずにはおきません。また何度聴いても飽きません。フィルハーモニアはまさにクレンペラーの為にレッグが作り出した楽器だと言う事、しみじみと感じました。一音一音が耳に突き刺さってきました。オーケストラの配置が第1ヴァイオリンと第2ヴァイオリンが指揮者の左右に配置される古いスタイルで、包み込まれるような感覚は、ステレオ録音で聴く場合には、やはり和音の動きなどこの配置の方が好ましいような気はするが。この時代はモノラル・テイクとステレオ・テイクが同時進行していました。モノラル・セッションはダグラス・ラター、ステレオはクリストファー・パーカーと違うプロデューサーが其々担当していました。クレンペラーの確信に満ちたベートーヴェン。今日の「第9」に飽き足りない方にお薦め。その堅固な構築力とスケールの大きさはひときわ際立っています。クレンペラーでしか聴けない堅牢な演奏。柔軟さや外見上のスタイリッシュさには目を背け、ベートーヴェンの本質のみにひたすら近づいていこうとするかのような、不器用なまでの演奏。それがクレンペラーによるベートーヴェン演奏の特徴と言えます。遅いテンポと大きなスケール、厳格な造形力で、ドイツ・ロマン主義のベートーヴェン観が息づいている。現在の演奏からは失われたアプローチといえるだろう。第9はその総決算です。1957年10、11月のスタジオ録音(ロンドン、キングズウェイ・ホール)だが、異様とも思える熱気が漲った演奏です。ソリストは、オーセ・ノルドモ・レーヴベリ(Aase Nordmo-Løvberg ソプラノ)、クリスタ・ルートヴィヒ(Christa Ludwig メゾ・ソプラノ)、ヴァルデマール・クメント(Waldemar Kmentt テノール)、ハンス・ホッター(Hans Hotter バス・バリトン)。合唱団は新設のフィルハーモニア合唱団。この合唱団の指導に当たったのはウォルター・レッグがバイロイトから呼び寄せたウイルヘルム・ピッツである。何ものにも揺るがない安定感と、確かに古いスタイルながら純粋にスコアを再現した音が、本盤には一杯詰まっている。本盤聴くとクレンペラーによってベートーヴェンの隠れていた音符が一音一音浮かび上がってきます。まぁ、何とも凄まじい演奏です。
関連記事とスポンサーリンク