34-27093

通販レコード→FR CREAM WITH GREEN LETTERING, MONO FLAT 180g重量盤

ピアノ好きにとっては「マタタビ」のような魅力がある ― ラヴェル同様に情緒的な暗さや重さ、情念や陰りは一切ない、どこまでも爽やかでさらりとした風合いが心地よいモーツァルト。

1956年、モーツァルト生誕200年を記念してフランスで録音された高額盤。 ― コルトーとラヴェルの弟子でありラヴェル演奏の権威、ヴラド・ペルルミュテールのモーツァルト「ピアノ・ソナタ集」。希少な仏パテ社製フラット初期盤、極め付きの入手困難アイテムです。

1956年、フランスではモーツァルト生誕200年を盛大に祝い、記念式典の開催や豪華記念本が出版されました。ペルルミュテールも仏パテから発売されたバースデイ・ボックスに参加していましたが、そこにはローランド・シャルミーとの共演によるヴァイオリン・ソナタ第28番が収録されたのみで、ピアノ・ソナタは録音しませんでした。
その数ヵ月後、Voxの依頼でピアノ・ソナタ全集のレコーディングを行うことになり、ペルルミュテールも意欲的に取り組みました。しかし宣伝に失敗したためか、フランス国内ではあまり評判にならず、世界的な発売には至りませんでした。その結果、Voxの6枚組のLP全集ともなると100万円の値段がついたという、中古市場で非常な高値がつくようになっていました。

早熟の天才であったモーツァルトが彼にとっては言語のような存在であったピアノのためのソナタ。本盤に録音された、《ソナタ第1番 ハ長調 K279》、《ソナタ第2番 ヘ長調 K280》、《ソナタ第3番 変ロ長調 K281》、《ソナタ第4番 変ホ長調 K282》は、モーツァルトが19歳のときの作品です。まだ作曲活動をしていなかった最初の交響曲が8歳、ピアノ協奏曲第1番が11歳のときの作曲ですから、ピアノを弾くことがモーツァルトにとっていかに日常的なことだったのか窺えるミステリーです。
オペラ「偽りの女庭師」を上演するために過ごした1775年の冬のミュンヘンで、デュルニッツ男爵からの注文に応えて作曲したものです。ようやくにして「書き残される」ことで第1番のピアノ・ソナタとして、250年後に生きる私達の日常のなかで聴くことが出来るアイデアと創意が溢れ出た音楽が日の目を見たということです。19歳のモーツァルトのソナタは明らかにハイドン風の特徴を持っています。しかし、注文に応えて6曲でワンセットになったピアノ・ソナタは3ヶ月という短い期間に集中して作曲されたことが分かっており、6曲それぞれの作品の顔立ちはいずれも個性的です。おそらくは今までの即興演奏などでため込んできたあれこれのアイデアをここに凝縮してまとめたものだと思えば、これらは疑いもなく10代のモーツァルトの自画像だといえます。

ペルルミュテールは、ユダヤ人のため戦争中はスイスに逃れ、戦後51年にフランスに戻りました。彼のピアノに大きな影響を与えた人物に、レイナルド・アーンとマルグリット・ロンがあげられ、真珠のネックレスと称されたロンの流麗で完璧なレガートを継承しています。例えばワルター・ギーゼキングはモーツァルトの演奏にペダルを用いていないそうですが、それに対し、ごまかしのきかない音楽作りでモーツァルトと向き合った、適当に弾きとばしている部分が全くない演奏で、細部の細かい音の動きの一つ一つまでもが確信を持って再現されていく、ペルルミュテールのモーツァルトは表現がずっと豊かです。
このレコードから奏で出るモーツァルトは、ウィーン古典派の流れを汲む一連の「正統的」なドイツ系の演奏とは明らかにムードからして異なるが、純粋主義者らにはそっぽを向かれようが、開放的な感覚の演奏は決してモーツァルトであることを否定するものではなく、自然に豊かな感覚に身を委ねて奏でられる、このペルルミュテールの音色にはモーツァルトに相応しい何とも言えないふくよかな華やぎがあります。おそらく、そのかなりの部分がプレイエルのピアノが貢献しているでしょうし、残りの部分をラヴェルが絶賛した繊細に音色を紡ぎ出す彼のタッチが貢献しているのでしょう。


  • Record Karte
    • 1956年6月パリ、パテ・スタジオでのモノラル録音。
    • 希少な仏パテ社製フラット初期盤、極め付きの入手困難アイテムです。僅かにノイズ箇所はありますが、年代を考えると特に良いコンディションの逸品です。

販売レコードの写真

  1. FR VOX IB140 ヴラド・ペルルミュテール モーツァルト:ピ…
  2. FR VOX IB140 ヴラド・ペルルミュテール モーツァルト:ピ…

CDはアマゾンで

Mozart Piano Sonatas
Vlado Perlemuter
MUSICAL CONCEPTS
2007-06-12

関連記事とスポンサーリンク