34-16492


《没後20年記念のカラヤンLP名盤にセレクトされている名曲名盤》

いつも以上にカラヤンのノリが良い。刺激的なオーケストレーションや残響を追求したような演奏で、独特なアプローチと精密な演奏でも密かな愉悦性が顔を覗かせてくる大変おもしろい演奏です。

カラヤン=ベルリン・フィルは20世紀クラシック界最高の組合せでした。1956年ベルリン・フィルの終身常任指揮者に就任して以来、カラヤンはこの超一流オーケストラを完全に手中に収め、素晴らしい名演を世に送りつづけます。

125年の歴史がある世界で最も有名なクラシック音楽レーベルの一つであるドイツ・グラモフォン(Deutsche Grammophon)は、1898年の創立以来、常に最高峰の芸術性と音質を確立してきました。イギリス・グラモフォン社を経営母体とする、ドイツの豊富な労働者を雇用したレコード・プレス工場でした。
アルトゥール・ニキシュがベルリン・フィルハーモニー管弦楽団を指揮した。(ベルリン・フィルは1882年の創立。)ベートーヴェンの交響曲第5番の初めての全曲録音が行なわれたのは1913年。ベルリン・フィルはドイツ・グラモフォンに録音したレコードを発売して行きます。
ヴィルヘルム・フルトヴェングラーがベルリン・フィルを指揮してドイツ・グラモフォンでの初めての録音(ベートーヴェンの交響曲第5番とウェーバーの歌劇《魔弾の射手》序曲)を行なったのは1926年。ラジオ放送とレコードで、ベルリン・フィルの演奏は多くの聞き手に届くようになります。1938年、ヘルベルト・フォン・カラヤンが初めてドイツ・グラモフォンで録音した。
ドイツの優秀な技術力で、ドイツ・グラモフォンは音の大小でレコード溝の間隔を可変させるカッティング方式を発明して1950年、片面の演奏時間が9分まで収められる78回転レコードが登場。翌年、最初の33回転の長時間レコード(LPとして知られている)をリリースした。
フルトヴェングラーが没するとカラヤンは、戦後ドイツ・グラモフォンが古典派、ロマン派のレパートリーにおいて確固たる地位を確立する上で重要な役割を演じた。1959年から1989年までの30年間の間にドイツ・グラモフォンで3つのベートーヴェンの交響曲全集、ワーグナーの楽劇《ニーベルングの指環》をはじめとした330枚のレコードを制作することになる。

カラヤンが遺した演奏はレコードとして今も美しさは変わらない。

「139 001~44番」までは、ヘルベルト・フォン・カラヤンの為だけに与えられた番号で1枚目の音源となります。1964~68年の間に録音した名演ばかりです。この録音唯一で再録音はしませんでした。プロコフィエフは「古典交響曲」と「ピーターと狼」が他にあるだけ。しかし、コンサートでは演奏もしている。すでに極めて完成度の高い録音を聴いていると、これ以上に何か新しいものを付け加えることはなかったのだろうと思います。カラヤンのレコードを聴いて、面白さを覚えた曲が多い。演奏はロシアのオーケストラとは違う、カラヤンらしい、流麗で、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のアンサンブルを最大限発揮したものです。ふわりと浮遊感を漂わせた始め方にプロコフィエフの音楽が表面に纏っている薄衣がはらりと落ちて、ひんやりした純器楽的音楽が姿を現す。

ウクライナ作曲家のロシアの人々への恩返しを胸のうちに帰国した。

時は大正デモクラシーの真っ只中、モボ・モガが都会まちを闊歩し。政治・社会・文化の各方面における民本主義の発展、自由主義的な運動、風潮、思潮の高まりの頂点にあった日本は、戦勝国となった第一次世界大戦から受けた好景気に、人々の目には満州事変は見えてもいなかった。
大西洋の水平線を見つめる男が二人並んでいた、ロシア人作曲家セルゲイ・ラフマニノフとセルゲイ・プロコフィエフだ。
「私は再び祖国の地を踏むことはないだろう。私や私の音楽は、ソビエトでは誰も必要としまい。いま帰ったところで『何者か?』と問われるだけだ。もう、若者に道をあける番だ。私は、あの世で若い頃の過ちを後悔することになるだろう」。
大西洋航路を進む客船の甲板でラフマニノフは、プロコフィエフにしみじみと胸中を語った。

最も輝かしく楽壇の帝王カラヤンらしさという点では最右翼の70年代録音。

ベルリンのダーレム地区にあるイエス・キリスト教会を終戦直後から70年代にかけてベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の録音場所としてたびたび使われました。外装の印象とは裏腹に内装は大分こじんまりとしている建物で、大きすぎないことが録音に適していたのかもしれません。ここで数々の名録音が生み出されました。ヘルベルト・フォン・カラヤンがベルリン・フィルと1968年に録音した「プロコフィエフ・交響曲5番」もここでのもの。狭めの教会だからでしょうか、割りと残響が残っています。この曲が纏っているコミカルさとドタバタ感はない。終楽章でも絶妙なバランスで各楽器が聴こえかつ溶け合う。必死な形相ではないので面白みとかスリルとかはないが、そんな精密な演奏でも密かな愉悦性が顔を覗かせてくるのがプロコフィエフの音楽の力だろう。それを抑えこもうと、いつも以上にカラヤンのノリが良いのだろう。最も輝かしく楽壇の帝王カラヤンらしさという点では最右翼の70年代録音。

絶頂期ヘルベルト・フォン・カラヤン&ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏らしく、迫力も美しさも兼ね備えた圧倒的なサウンド。

ある対談の中でヘルベルト・フォン・カラヤンは、『自分が指示を出さない時にオーケストラが群れをなす鳥のように天空を羽ばたく瞬間がある』と言っています。このレコードでも命令に従う集団以上の自発性がベルリン・フィルハーモニー管弦楽団にはあり、指揮者もある程度それを楽しんでいる。
ただ、カラヤンの理想の振り幅の中にあるから、カラヤンの音楽になっている。カリスマ的芸術性と器用な職人気質を併せ持ったカラヤンは、一回性の熱情と、それに相反する録音芸術としての綿密な音楽設計を両立できた指揮者でした。
ある録音でホルン奏者の音の上ずりに気がついたエンジニアが、録り直しを確認したらカラヤンは、その自然さを良しとした話が象徴している。

  • Record Karte
    • 演奏:ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    • 録音:1968年9月18~24日ダーレム、イエス・キリスト教会におけるセッション録音。
    • プロデューサー:オットー・ゲルデス
    • ディレクター:ハンス・ウェーバー
    • エンジニア:ギュンター・ヘルマンス
    • 曲目
      1. プロコフィエフ:交響曲5番変ロ長調作品100

CDはアマゾンで



Karajan / Prokofiev : Symphony No.1/ Tchaikovsky : Piano Concerto No.1( Kissin ) - New Year's Eve Concert 1988 [DVD] [Import]
Berlin Philharmonic Orchestra
株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント
2001-05-30


プロコフィエフ:交響曲第5番/ストラヴィンスキー:バレエ「春の祭典」
カラヤン(ヘルベルト・フォン)
ユニバーサル ミュージック
2013-11-13


プロコフィエフ:ピーターと狼/L.モーツァルト:おもちゃの交響曲 他
カラヤン(ヘルベルト・フォン)
ユニバーサルミュージック
2013-01-23


チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番/プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第3番
キーシン(エフゲニー)
ユニバーサル ミュージック クラシック
2011-09-07


関連記事とスポンサーリンク