100年後でも聴いて楽しいアナログ名盤レコード

オリジナル盤,LP,RECORDSOUND

関連記事とスポンサーリンク
EMI, DECCA, DGG のカタログから、100年後でも聴いて楽しいアナログ名盤レコードのために、良く聴かれ親しまれている名曲を聴く機会の多い名盤をセレクトしました。平成28年4月14日に熊本地震に遭遇して避難所生活中。6月になって、ようやく音楽を聴けるようになって、受け止めること感じることが変わったことに刺激を受けてブログを再開。気に入って聴いていた愛聴盤を改めて考えてみています。
30分ほどを目安としており、ブログですので、鑑賞会で質問のきっかけにしてもらうためで、また解説したことの再録、補足にとどめています。コメントは開放していますので、質問が来れば詳細を加筆します。
20%OFF
headercover800x280

表情も見えるほどの優秀録音。冒頭より太く、重々しく、深く男性的パワフルな演奏。そして、より繊細な音楽表現で魅了しております。エルガーが達した最後の境地と言える郷愁と懐古に満ちた清らかさを持っている。 ...

美音の代名詞ともなったエルマン・トーンで名高いエルマン。独特なヴィブラートやポルタメントの多用、テンポの揺れなどオールド・スタイルを堪能できる。 ...

クライスラーが演奏するのを念頭にエルガーが作曲した至極高潔な、艶めかしい名曲。このヴァイオリン協奏曲を些かも演奏に押し付けがましさが微塵もなく、明るくサラリとカンポーリは仕上げている。 ...

70歳も目前にしながらも難曲をいとも簡単に弾きこなし、そして音楽的成熟していったルービンシュタインの演奏にはただただ脱帽ですが、それはクリップスとの阿吽の呼吸からうまれるものだと再認識される名録音です。 ...

「オテロ」の記念碑的演奏。ヴィナイ、ヴァルデンゴらの歌唱も見事だが、初演でチェリストを務めたトスカニーニが晩年指揮を担った凄まじきは迫真の棒さばき。それまでの放送録音を聴き慣れていた耳を驚嘆させた。 ...

このページのトップヘ