100年後でも聴いて楽しいアナログ名盤レコード

オリジナル盤,LP,RECORDSOUND

関連記事とスポンサーリンク
EMI, DECCA, DGG のカタログから、100年後でも聴いて楽しいアナログ名盤レコードのために、良く聴かれ親しまれている名曲を聴く機会の多い名盤をセレクトしました。平成28年4月14日に熊本地震に遭遇して避難所生活中。6月になって、ようやく音楽を聴けるようになって、受け止めること感じることが変わったことに刺激を受けてブログを再開。気に入って聴いていた愛聴盤を改めて考えてみています。
30分ほどを目安としており、ブログですので、鑑賞会で質問のきっかけにしてもらうためで、また解説したことの再録、補足にとどめています。コメントは開放していますので、質問が来れば詳細を加筆します。
20%OFF
headercover800x280

英DECCAのオペラ第一黄金期を象徴する傑作。ウィーン・フィルの奏でる美音は他の録音とは全く別次元の高みに達しています。豊麗にして精妙無比、当に耽美の極み。ソニックステージの効果満点。歴史悲恋が身に迫る。 ...

登場人物それぞれ逃れられない宿命的な運命を背負いながら複雑に絡み合いながら進行する壮大な音楽劇。20世紀最高のプリマ・テバルディが際立って素晴らしく、ショルティが全体を手堅く引き締め深く感動させられる。 ...

自然収奪・破壊は世界を終末に導くとワーグナーが鳴らしていた警笛は21世紀の現代も変わらない。そればかりか、ワルハラ城炎上までのシナリオを現代の世界情勢は実行しているように思うのだが。 ...

ショルティを指揮者に据え、レコード録音の偉業と讃えられた英デッカ社の「指環」全曲録音は完成。当然、社運をかけたプロジェクト。録音、臨場感、演奏全てが、満足できる域に達している。 ...

8年間のノウハウは、シリーズ中で最高の自然な雰囲気を生み出している。第1幕の録音中にちょっと神経質に陥っていたキングのために録音が終わったと告げた後で、後半のジークリンデとの場面を楽譜を見ずに二人にリラックスして歌わせて録音するトリックは功を奏した。 ...

このページのトップヘ