斬新な響きの中に、主題がどのように工夫されて変奏されているかがよく分かるベルリン・フィルの豊かなアンサンブルが素晴らしく、陶酔する音楽を堪能できる。 ...