シューベルトも納得するだろう、最もウィーン風の解釈。カーゾンが透明な音色と品格ある音楽性で、ボスコフスキーらウィーン八重奏団員の典雅な響きと自然で豊かな表現にのせて、優雅な風格ある室内楽を聴かせる。 ...