デジタルはもう終わった。
などと今日も Facebook で見かけました。
一時の USTREAM も魅力がなくなっている。
音楽をライヴで楽しむ。そのドキドキを産み遺してくれました。

爆発的に広まった USTREAM だったけど、
発展が不安で、ここで生き継ぐ方法を見つけた風情の
規制をして『パッケージ』は完璧に自分に引導を発行してしまった。

あたたかみが感じられるか、感じられないのか。
今更ながらに固執して『アナログ』を懐古するブログではありません。 
アナログのコンディション、良い状態で楽しむ対価として失うもの。
デジタルは誰もに平等ではないものです。

新しくアナログでリリースされているものは、一旦デジタルを通っているものです。
そこがアナログ時代にリリースされたものとの違いの一つでしょう。

アナログで最初に登場したものからチョイスしがちなのは、
私たちがアナログレコード、アナログの書物からいろいろを得られたから、
そこから選ぶことが多くなりがちに過ぎません。