34-20129
環境の変化とは、強みが強みでなくなること。 ― 成長企業は、成功体験を捨て環境に合わせて。成功体験を捨て環境に合わせて。事業領域を変えていく。衰退企業は、成功体験にすがり、環境が変われど、事業領域を変えられない。米映像機器大手イーストマン・コダックは、デジタル化の波に乗り遅れ、創業130年の歴史を誇り写真フィルムで一時代を築いたアメリカを代表する名門企業だが経営破綻に追い込まれた。1880年創業のコダックは、1935年に35ミリフィルム「コダクローム」を発売。「フィルムの巨人」として圧倒的なシェアを持って米を中心に長く世界に君臨し、1975年には世界初のデジタルカメラを開発。だが、高収益のフィルム事業にこだわり、急速に普及したデジタルカメラへの対応で、戦後は富士フィルムなど日本メーカーのライバルなどにシェアを奪われ大きく出遅れた。1975年に開発した世界初のデジタルカメラは商用化には至らなかったが、オーディオ評論家の故・長岡鉄男氏が激賞したことでオーディオファンにも高音質で知られるようになった、伝説のエヴェレスト(Everest)レーベルは、ステレオ最初期の1950年代後半、映画と同じ35mm磁気テープを使った高音質の録音で世界のオーディオファンの支持を獲得している。Everestの35ミリ磁気テープ録音は、大編成のオーケストラに威力を発揮する。オーディオファイルにとってリヴィング・プレゼンスから発売された「ハイ=ファイ・ア・ラ・エスパニ」は、フレデリック・フェネルの管楽器を無理なく美しく鳴らす手腕もさることながら、個々の楽器の表情がつかめるほど優秀な録音は忘れられないだろう。
ロチェスター・フィルハーモニー管弦楽団(Rochester Philharmonic Orchestra)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ロチェスターを本拠地とするオーケストラ。本拠地ホールは、イーストマン音楽学校のイーストマン劇場であったことから分かる通り、イーストマン・コダックの経営者であり、音楽愛好家のジョージ・イーストマンによって1922年に設立された。積極的な演奏旅行と数々の録音によっても名高い。アルバート・コーツが1923年から1925年まで、ユージン・グーセンスが1923年から1931年まで、音楽監督として指揮者を務め、第2次世界大戦中はホセ・イトゥルビ(1936年〜1944年)、戦後はエーリヒ・ラインスドルフ(1947年〜1955年)からセオドア・ブルームフィールド(1959年〜1963年)へと音楽監督が受け継がれ、1939年から1964年までイーストマン音楽学校の教員も団員として加わり、イーストマン・ロチェスター管弦楽団(Eastman-Rochester Orchestra)の名で主に米マーキュリー・レーベルに録音を残した。その際の指揮者はハワード・ハンソンが、ロチェスター・ポップスオーケストラの指揮者はフレデリック・フェネルが担当した。近年は1990年から2008年まで、コロラド州ヴェイルで毎年夏に開催される「ブラヴォ!ヴェイル・ヴァレー音楽祭」のレジデント・オーケストラとなっていた。現在の音楽監督は、アーリル・レンメライト、ポップス・オーケストラとしての首席指揮者は、ジェフ・タイジックである。また、ロチェスター地区の第8学年から第12学年の若い音楽家からなるロチェスター・フィルハーモニック・ユース・オーケストラ(Rochester Philharmonic Youth Orchestra)のスポンサーでもある。
ドビュッシー:映像、ラヴェル:ラ・ヴァルス/スペイン狂詩曲。Recording at February 1960, Rochester, New York, USA.
US EVEREST SDBR3060 テオドール・ブルームフィール…
US EVEREST SDBR3060 テオドール・ブルームフィール…