34-7102

商品番号 34-7102

通販レコード→英ブラック銀文字盤 LIVING STEREO

〝ザ・グレン・ミラー・オーケストラ 2019 JAPAN TOUR〟 ― で、2019年11月20日に熊本県立劇場演劇ホールでコンサートが開かれる。この公演は数々の名曲を生んだミラーの意思を継いだオーケストラが、年に一度日本国内を回るすっかり恒例になったツアー。1904年3月1日、アイオワ州クラリンダに生を受けたグレン・ミラーは、本年で生誕115年を迎えます。41才の短い生涯の中で彼が残したサウンドはますます輝きを増し、年代を問わぬ世界中の音楽ファンに愛されています。黒人達によって生まれたジャズが、1930年代後半になると白人も盛んにジャズを演奏するようになります。時は第二次世界大戦のさなか、多くのジャズ・オーケストラは軍のバンドとして成熟する。第二次世界大戦の勃発にともない1942年に陸軍航空軍に入隊、慰問楽団を率いて演奏にまわった。国内外ツアー他、米国慰問協会で演奏したミラーは精力的に慰問演奏を続けていたが、大戦末期の1944年12月15日にイギリスからフランスへ慰問演奏に飛び立った後、乗っていた専用機(UC-64)がイギリス海峡上で消息を絶った。ドイツへの爆撃から帰還する途中のイギリス空軍の爆撃機が上空で投棄した爆弾が乗機に当たり墜落したとか、イギリス軍機の誤射で撃墜されたというのは噂止まりだが、楽団リーダーとして多大の敬愛を集めたミラーが亡くなってから、2019年で75年が経過しますが、いまも今も楽団の音楽が盛んに演奏され、且つ愛好されているのは、喜ばしく偉大なる現象と云えましょう。勿論これは1954年初頭に封切られた映画「グレン・ミラー物語」の影響もありましょうが、本当はそれ以上に彼の描いたバンド・スタイルが、何時までもメカニックな新鮮美を失わずに、永遠の若さを保っていることも、その大きな理由です。一般によく言われるグレン・ミラー・スタイルとは、彼の考案したクリアーな管楽器用法を指して云います。あのクラリネットのリードするサックス・セクションのユニークな唱わせ方や、トランペットとトロンボーンを別個のセクションに分離して、その対立的な用法を図ったこと、或いは低音によるダイナミックなユニゾン奏法や、プランジャーを有効に使った独特のブラス用法など、何れも彼の考案した優れた特性の一つですが、此処にもう一つ特記しておきたいのは、どんな曲に対しても決して無理なカラーの押しつけを行わずに、楽曲自体の持つメロディの美しさを十分に強調し、誰にも等しく楽しめるよう配慮したその巾の広い融通性こそ、彼のみが持つ立派な表現力と云えましょう。いわば若いジャズ・ファンばかりを対照にしたホットな追究ではなくて、老若男女誰にも共通して楽しめるスウィンギーなダンス音楽であることを、この際特に強調しておきたいと思います。ミラー亡き後、彼の残した偉大な功績、遺産を後世に伝えるべく、1956年にグレン・ミラー財団が設立されレイ・マッキンリーを初代リーダーに迎えたニュー・グレン・ミラー・オーケストラが結成されました。マッキンリー(Ray Mckinley, 1910.6.18~1995.5.7)はアメリカ合衆国生まれのジャズドラマー、歌手、バンドリーダーとして、ウィル・ブラッドリー楽団で1940年代は活躍。ブラッドリー・サウンドはグレン・ミラー・スタイルに近いが、ブギウギを世に生み出す斬新さが秘められており一味違った演奏が聴き処だった。戦後、マッキンリーはミラー直系の愛弟子として、ミラー亡きオーケストラを見事に復活させた。そしてRCAリヴィング・ステレオに、オリジナル・グレン・ミラーに最も近いサウンドで残した。本盤で聴く音楽こそ、マッキンリーによって永遠性を増した、珠玉のミラー・サウンドだ。 →コンディション、詳細を確認する
〝栄光の再発見〟 ― 誰もが耳にしたことのある数々の名曲。題名は知らなくても、聞いてみたら知ってる!そんな名曲が多数。ザ・グレン・ミラー・オーケストラは1938年に〝スウィングの王様〟グレン・ミラーが結成。2018年に結成80周年を迎えた。グレン・ミラー(Glenn Miller)はアメリカのジャズ・ミュージシャン。名トロンボーン奏者として、1930年代後半のジャズシーンに旋風を巻き起こし、ベニー・グッドマンらと共に〝スウィングの王様〟と称される。1930年代後半から1940年代にかけて流行したスウィング・ジャズは、やがてビ・バップを誘導して、アドリブやソロが特徴となっていくジャズのなかでは珍しく、アンサンブルに重点が置かれるのが特徴。ダンス・ミュージックとしても愛されていた。楽団結成にあたり、ミラーは2つの新しい挑戦をした。1つは5サックス、4トランペット、4トロンボーン、3リズムという、現在もビッグバンドの定番編成とされるこの「編成」。そしてもう1つはサックスセクションをクラリネットがリードする「演奏手法」。この編成と演奏手法の新しさが評判となり爆発的な人気を得た。楽団のレパートリーは700曲以上。代表曲「イン・ザ・ムード」「ムーンライト・セレナーデ」「茶色の小瓶」「アメリカン・パトロール」などは、今でもCMや番組の挿入歌としてよく耳にする。数多くの楽曲がミリオンヒットを記録し、1944年のミラー没後も素晴らしい音楽家たちが彼の音楽とスタイルを継承し、今もなお日本だけでなく世界中のファンを魅了している。内容は何れも懐かしい当時流行の佳曲ばかりから成っており、またそれにスウィートなダンス・ムードを加味している楽しい仕上がりで、〝栄光の再発見〟に相応しいこの楽団本来の姿を堪能できます。
The New Glenn Miller Orchestra ‎– The Miller Sound
  • Side-A
    1. Greensleeves
    2. Civilization
    3. Nobody Knows The Trouble
    4. You Smiled
    5. Confetti For Clarinet
    6. Candlelight Serenade
  • Side-B
    1. The Lady Is A Tramp
    2. To Little Time
    3. Jiminy Cricket
    4. Oranges And Lemons
    5. Pennies From Heaven
    6. Hey, Jealous Lover
録音史に残る名録音 ― LIVING STEREO
フリッツ・ライナー=シカゴ交響楽団のRCAレーベルへの録音は、1954年3月6日、シカゴ響の本拠地オーケストラ・ホールにおけるリヒャルト・シュトラウスの交響詩「英雄の生涯」のセッションで始まりました。この録音は、その2日後に録音された同じリヒャルト・シュトラウスの交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」と並び、オーケストラ・ホールのステージ上に設置された、わずか2本のマイクロフォンで収録された2トラック録音にも関わらず、オーケストラ配置の定位感が鮮明に捉えられており、録音史に残る名録音とされています。ステレオ初期のカタログではセミ・プロ仕様の2トラック、19センチのオープンリール・テープは数が限られていましたが、その中でもミュンシュ=ボストン交響楽団のRCAレーベルへの録音は比較的多く存在していました。これ以後、1963年4月22日に収録された、ヴァン・クライバーンとのベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番まで、約10年の間に、モーツァルトからリーバーマンにいたる幅広いレパートリーが、ほとんどの場合開発されたばかりのこのステレオ録音技術によって収録されました。ヤッシャ・ハイフェッツ、アルトゥール・ルービンシュタイン、エミール・ギレリス、バイロン・ジャニスなど、綺羅星の如きソリストたちとの共演になる協奏曲も残されています。何れもちょうど円熟期を迎えていたライナー芸術の真骨頂を示すもので、細部まで鋭い目配りが行き届いた音楽的に純度の高い表現と引き締まった響きは今でも全く鮮度を失っていません。これらの録音「リビング・ステレオ」としてリリースされ、オーケストラの骨太な響きや繊細さ、各パートのバランス、ホールの空間性、響きの純度や透明感が信じがたい精度で達成された名録音の宝庫となっています。
  • Record Karte
  • 1959年発売。
  • GB RCA SF5032 レイ・マッキンリー THE MILLER…
  • GB RCA SF5032 レイ・マッキンリー THE MILLER…
グレン・ミラー・サウンド
ニュー・グレン・ミラー楽団
BMGメディアジャパン
1998-12-16