GB RCA SB6630 ロナルド・トゥリーニ ピアノ名曲撰

商品番号 34-753

通販レコード→英DECCAプレス・ダーク・レッド銀文字盤

ホロヴィッツの愛弟子であるロナルド・トゥリーニ ―  退屈したんで弟子をとったんだ。私の生徒として認めるのは、バイロン・ジャニス、ロナルド・トゥリーニ、ゲイリー・グラフマンだけだ。誰かほかの者が私の弟子だといっても、それは本当じゃない。私の前で演奏した者はほかにもいる。でも進歩しないんで教えるのをやめたんだ。彼らは私のいうことに従わなかったか、従えなかったんだ ― そう語るのは、ヴラディーミル・ホロヴィッツ。ロナルド・トゥリーニ(Ronald Turini)は1958年ジュネーヴ国際コンクールでポリーニと1位なしの2位を分け合った経歴をもつピアニストで、7人しかいないホロヴィッツの弟子の1人としても知られている名手。1934年9月30日ケベック州、モントリオール生まれ。10歳で、カナダ放送協会でプロのデビューを果たしました。ケベック音楽院の奨学金を16歳で受けて、ホロヴィッツの門をたたく。ホロヴィッツは彼の演奏を聴いて、十分に感心して師事を初めます。ホロヴィッツの弟子として喧伝されたカナダのピアニスト、トゥリーニのデビュー・リサイタル〝Piano Music Of Schumann, Liszt, Hindemith, Scriabin〟 ― シューマンのソナタ第2番ト短調作品22、リストの巡礼の年・第2年:イタリアから「ペトラルカのソネット第104番」、ハンガリー狂詩曲第12番、ヒンデミットのソナタ第2番とスクリャービンの8つの練習曲から第5番嬰ハ長調 作品42第5。
Turini possesses all the qualities of intellect, manual dexterity and artistic insight necessary for a great pianist.
1961年1月23日にカーネギー・ホールで行われたライヴ録音で、〝カーネギー・ホール125周年記念〟して発売されたCD43枚組の「グレート・モーメンツ・アット・カーネギー・ホール」でCD2枚にこの世の演奏会全てが聴ける。ほかにショパン、スカルラッティ、メンデルスゾーン、ラヴェルを披露している。ズービン・メータ指揮モントリオール交響楽団とシューマンのピアノ協奏曲も演奏しており、このとき「情熱と力」と「静かな感性」を併せ持つと賞賛された。以来、シカゴ、ナショナル、トロント、モントリオール交響楽団、ヨーロッパではロイヤル・フィルハーモニック管弦楽団、ロンドン・フィル、BBC交響楽団、レニングラード・フィルなど多くのオーケストラと共演。その後、1964年と1967年にカーネギー・ホールで凱旋公演。翌1968年には、ヒンデミットの「ヴィオラとピアノのためのソナタ」の録音がグラミー賞の最優秀室内演奏賞にノミネートされました。その他の候補には、ジュリアン・ブリーム 、ヤッシャ・ハイフェッツ、アイザック・スターンのレコードが含まれる。彼は最初のカナダ人音楽家としてロシアの3回のツアーを達成したほか、南アメリカの3回のツアーを行い、2回の来日ツアーを行っている。グラモフォン誌は1965年にRCAレッドシールから発売された本盤に、〝数多いピアニストの演奏の中で、彼の多彩な音色はすぐ聴き分けられる〟〝類まれな能力のピアニスト〟と賞賛していました。
録音史に残る名録音 ― LIVING STEREO
1950年代半ばから1960年代初頭、ステレオ技術にこそレコードの将来性を感じたRCAは積極的に2チャンネルおよび3チャンネル録音を推進。ライナー、ミュンシュ、モントゥー、ルービンシュタイン、ハイフェッツ、フィードラーなどの名演奏家たちの決定的な解釈が、ずば抜けた鮮度と立体感を誇る音質によって次々と録音されました。1958年になってウエスタン・エレクトリック社によりステレオLPレコードの技術が開発され、同じ年、RCAはついに念願のステレオLPレコードを発売、『ハイファイ・ステレオ』の黄金時代の幕開けを告げたのです。RCAのチーフ・エンジニア、ルイス・レイトンを中心に試行錯誤を経て考え抜かれたセッティングにより、ノイマンU-47やM-49/50などのマイクロフォンとRT-21(2トラック)やAmpex社製300-3(3トラック)といったテープ・デッキで収録されたサウンドは、半世紀近く経た現在でも、バランス、透明感、空間性など、あらゆる点で超優秀録音として高く評価されています。
1961年1月23日ニューヨーク、カーネギー・ホールでのライヴ録音。1965年発売。Producer – Peter Dellheim, Engineer – Bernard Keville
GB RCA SB6630 ロナルド・スミス トゥリーニ ピアノ名曲撰
GB RCA SB6630 ロナルド・スミス トゥリーニ ピアノ名曲撰