34-19678
通販レコード→英ラージドッグ・セミサークル金文字盤

GB EMI ALP1039-40 アルトゥーロ・トスカニーニ べートーヴェン・交響曲9番「合唱」/1番

商品名GB EMI ALP1039-40 アルトゥーロ・トスカニーニ べートーヴェン・交響曲9番「合唱」/1番

《フルトヴェングラーと比肩する演奏で特に第3楽章アダージョは比類なき美しさ ― トスカニーニが満足した「第九」。》
世界的指揮者だったカラヤンは来日した際に、「君が代」を聴いて、「世界の国歌の中で最も荘厳な曲」と評価した。1973年にカラヤンがベルリン・フィルを率いて来日公演を開いた初日では、まず君が代、続いて西ドイツ ― 当時 ― 国歌が演奏された。戦時中は演奏会の最初や最後に『星条旗』 ― 星条旗よ永遠なれ ― を演奏することも多かった。『星条旗』を演奏する際トスカニーニは、リハーサルや録音であっても、チェロを含む全員を起立させて演奏したと言われている。イタリアへの母国愛を終生抱き続けたトスカニーニであったが、だからこそ米国人にとっての母国である米国への愛を尊重していたのだと思われ、トスカニーニの人となりがわかる。トスカニーニは戦前・戦中・戦後初期を代表する大指揮者で、ヨーロッパではフルトヴェングラー、アメリカではトスカニーニと人気を二分した。フルトヴェングラーのロマンティックの極みに対してトスカニーニは、イタリアのエミリア・ロマーニャ州の県都パルマ出身ということから当地で高名なワイン、弱発砲性赤ワイン・ランブルスコのようにすっきり系ですが、すっきりまとめているからといって、そこには軽さは感じられず力強さが感じ取れます。トスカニーニは1898年31歳の時にはイタリア・オペラの総本山とも言うべきミラノ・スカラ座の指揮者に迎えられます。そのデビュー公演でワーグナーを取り上げ「ニュルンベルグのマイスタージンガー」を1ヶ月以上に亘る猛烈な訓練の後に演奏、この公演はスカラ座の歴史に残る程の大成功を収めワーグナー指揮にみせるトスカニーニの才能のほどを内外に確認させる事となった。ドイツ系指揮者以外はまだ誰も足を踏み入れていないバイロイト音楽祭から1930年63歳の時に出演要請を受け「タンホイザー」と「トリスタンとイゾルデ」を指揮してバイロイト始まって以来の外国人指揮者登場の第一歩を標す。そこにはヒットラーを嫌い「バイロイトを人種の別なく音楽の聖域としたい」と考えていたワーグナーの忘れ形見ジークフリートの思想が働いていた。彼は外国人のトスカニーニに積極的に出演を要請して、このバイロイトを開かれたものとしたのですが生憎トスカニーニが初めてのデビューを飾った、この1930年の夏にジークフリートは突然亡くなってしまいます。バイロイトはナチスの牙城としての色彩を強めていく。トスカニーニは翌1931年には「タンホイザー」と「パルシファル」を指揮し、更に翌々年の1933年にはバイロイトの名誉市民の称号も得て、いよいよ念願の「マイスタージンガー」を指揮する予定になっていた。演奏会で指揮している分は良かったのですが、「是非今年の公演の折りには直接会ってナチス第三帝国の首相として御礼を申し上げたい」という大変遜(へりくだ)った文面の手紙がナチスからトスカニーニに届く。ヒットラーのユダヤ人政策に徹底して反対していたトスカニーニは「現在のような状況のもとではバイロイトに足を運ぶわけにはいかない」と断っており、「この間バイロイトで指揮できたこと、それ自体が私にとっての報酬である。」として、この時のバイロイト音楽祭の出演料は一切受け取らなかった。この当時、利用するだけ利用されたブルーノ・ワルターは演奏活動が出来ないところまでナチスに追いつめられ、娘は娘婿だったナチス将校に銃殺される。危機を感じて帰宅しないで演奏会場に駆け込んだワルターの急場を救うべく指揮を代行したのがトスカニーニだった。程なくフランス経由でイギリスへの逃避行を手引した。1936年引退を決意してニューヨーク・フィルハーモニーの指揮者を辞任し、イタリアへ戻ったトスカニーニに翌1937年にはラジオ放送を通じて一度に何百万もの人々に演奏を聴いて貰おうと言うアメリカの放送局からの提案を受け入れトスカニーニは再びニューヨークに復帰すると、1937年トスカニーニのために RCA 社が創設した NBC 交響楽団の指揮者となります。ブルーノ・ワルターの晩年にコロンビアが結成したコロンビア交響楽団の先駆けみたいですが、当時のアメリカの財力は有名指揮者にオーケストラをプレゼントするとは凄まじい。商魂逞しい米国のメディアが投資するトスカニーニには、剛毅で、集中力が高く、熱気にあふれ、人を引き付ける何かがあった証左であろう。後輩のカラヤンでさえ持つことが出来なかった強大な影響力を生み社会現象になった初めてのマエストロではなかろうか。戦後再開されたバイロイト音楽祭の「第9」は1951年7月29日。レコードは1955年発売ですが、トスカニーニは評判は知っていたのかもしれない。ニューヨーク、カーネギー・ホールで1952年3月31日&4月1日の録音をトスカニーニは満足していたといいます。特に第3楽章アダージョは比類なき美しさ。トスカニーニが一見無愛想さを装いつつも、実は今にも爆発しそうなエネルギーを極限まで溜め込んで放出している、彼の資質にぴったり合った快心録音。分野を選ばない多才振りを如何なく発揮している。やがて60年経過すると思えない録音は鮮明。モノラル録音とは云え、盤面からトスカニーニの息遣いが浮かび上がってきます。戦後は徹底的にフルトヴェングラーを非難したことでも知られる、トスカニーニ流の解釈による第9で、いろんな意味でフルトヴェングラーの演奏と比較するのが面白い。
GB EMI ALP1039-40 アルトゥーロ・トスカニーニ べー…
GB EMI ALP1039-40 アルトゥーロ・トスカニーニ べー…
GB EMI ALP1039-40 アルトゥーロ・トスカニーニ べー…
GB EMI ALP1039-40 アルトゥーロ・トスカニーニ べー…