34-16940

商品番号 34-16940

通販レコード→英ナローバンド ED4盤[オリジナル]

ここでのフィッシャー=ディースカウがドイツ語でうたっているということもあってのことだろう、あの微に入り細を穿った表現が裏目にでて、なんとも奇妙な歌唱になっている ― これは黒田恭一が、遺著『オペラ版 雨夜の品定め 名作オペラのベストキャストは!? [単行本]の中で、「ぼくの手元にある、もっとも風変わりなリゴレット」としてホルスト・シュタイン盤を品定めしている。そのあとすぐ「若い頃のフィッシャー=ディースカウの声は絶品である」と付け加えることも忘れていないけれど。英DECCAにフィッシャー=ディースカウがスカルピアを歌ったプッチーニのオペラ『トスカ』全曲盤(ロリン・マゼール指揮、GB DECCA SET341-2,1966年録音)がある。トスカ、カヴァラドッシ役は、ビルギット・ニルソンとフランコ・コレッリの言いがたい組み合わせだが、これにはフィッシャー=ディースカウ以外の主役をアニア・シリアとジェイムズ・キングに替えたドイツ語歌唱のハイライト盤がある。イタリア語の全曲盤と平行して収録されたオリジナルの抜粋盤で、主役ふたり以外は共通です。ドイツ向けのローカル企画だったもので、シリアのトスカ役が聴けるという他にかけがえのない価値を持つ一枚で、シリア同様、ワーグナーで鳴らしたキングによるカヴァラドッシ役も、その輝かしく力強い声の魅力を存分に堪能させます。プロコフィエフの「ピーターと狼」は、各発売国で母国語を合成できるようになったが、イタリア語、フランス語、ロシア語のオペラをドイツ語歌唱でハイライト盤はこの時期には多くあった。ドイツやオーストリアの歌劇場では、ヘルベルト・フォン・カラヤンあたりが原語上演を広めるまではこうしたドイツ語による訳詞上演が普通であり、ドイツ語圏の一般家庭で気軽に聴けるようオリジナルのハイライト盤のためにだけ組まれたもので、その意味でも当時はなんという贅沢ができた時代であったか羨ましい企画物である。かつても近年でもワーグナーの楽劇は、イギリスでは英語歌唱で上演されている。ハイドン、モーツァルトが活躍した時代はオペラはイタリア語で書くものだったが、本盤はそれらをドイツ語による歌唱のオペラ・アリア集。ドイツ語の響きさえ気にならなければ、十分楽しめる。モーツァルトはまだしも、ヴェルディやプッチーニ、さらにはチャイコフスキーをドイツ語歌唱で聴くというのも、今の時代、なかなか勇気のいる行為だろう。でも、それだけで聴かないというのはもったいない。というのも、本盤が録音された時にはほとんど知られていなかった作品を演奏しています。最初の4つのアリアはハイドンのオペラからのもので、現在でも演奏されたことは滅多にありません。またモーツァルトのドイツ語のオペラ「後宮からの誘拐」を予感させる未完のアリア曲をはじめ、いくつかの珍品が並び、締めくくりに《フィガロの結婚》からアルマヴィーヴァ伯爵のアリアが唯一の有名な曲となる、最強の選曲だ。イタリア語、ドイツ語での表現でもフィッシャー=ディースカウの万能ぶりも言い落とせません。丹念に探さないと出会えないタイプのレコードでしょうが、珍品と片付けるに惜しい。
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウは世界的なバリトン歌手で英EMI、英DECCAに、そしてドイツ・グラモフォンにも優れた録音を多々遺した偉大なる音楽家。20世紀最高の声楽家の一人であり、ドイツ歌曲においては他の追随を許さないバリトン歌手。恵まれた声、精緻な発声法、豊かな表現力、歌詞への深い理解力をもって、従来のスタイルを変えるほどの歌唱を聴かせ、シューベルト、シューマン、ブラームス、ヴォルフ、リヒャルト・シュトラウスの歌曲全集を手がけた録音の功績は前人未踏の域。オペラや宗教曲でも実績を重ね、指揮者や著述家としても活動しました。彼の技量と、芸術性の高さはファンからも、音楽仲間からも称賛され、成功した音楽家として評論家の賞賛を享受してきました。彼が遺したレコーディングを聴く度に、どんなに最愛を寄せられた音楽家であったかが耳と心と脳に刻まれます。明晰なドイツ語と身体に響くその余韻。レコードはどれも優れた音質で、フィッシャー=ディースカウのよく訓練されたヴォーカルを聴かせてくれる。多くの人が彼のLPを所有していたと確信しています。未聴の曲はまだまだ購入する対象として、リストに残るもので、これからオペラや歌曲を聴いてみようとしている若い人たちにも、ひとりでも多くフィッシャー=ディースカウの素晴らしい声を聴くために購入することを薦めるものです。明晰さとテンポ感、完璧なコントロールで素晴らしい存在感。歌手一人で曲を完全に支配してしまったような圧倒的な迫力。そして、飛び切りの個性も。オペラや歌曲の人柄に、聴いた人すべてが、恋に落ちるでしょう。

Haydn & Mozart Discoveries

Side-A
  • ハイドン:Un cor si tenero (Corrodino) Il disertore
  • ハイドン:Spann’ deine langen Ohren La vera costanza ? List und Liebe
  • ハイドン:歌劇「アチデとガラテア」~Tergi i vezzosi rai (Nettuno)
  • ハイドン:Dice benissimo (Lumaca) La scuola de’ gelosi
  • モーツァルト:アリア「殿方はいつもつまみ食いをしたがる」(Manner suchen stehts zu naschen, K433)
  • モーツァルト:ドイツ軍歌「われはカイザーたらん」(Ich mochte wohl der Kaiser sein, K539)
Side-B
  • モーツァルト:歌劇「偽の女庭師」~第2幕第14曲、ナルドのアリア 「イタリア風にくどきゃ」Nach der welschen Art (Nardo)
  • モーツァルト:アリア「おお、娘よ、お前と別れる今」(Mentre ti lascio, K513)
  • モーツァルト:レチタティーヴォとアリア「かくて汝は裏切りぬ。激しく堪えがたき苛責」(Cosi dunque tradisci … Aspri rimorsi atroci, K432)
  • モーツァルト:アリエッタ「御手に口づけ」(Un bacio di mano, K541)
  • モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」~私がため息をついているのに、召使が幸せになっていいんだろうか Hai gia vinta la causa … Vedro mentr’io sospiro ( revised 1789, Score Editor.Raeburn)
ウィーンで精力的に活動し始めたモーツァルトはドイツ語オペラの作曲を目論んでいた。1783年2月5日、ザルツブクルの父へ「たとえ苦労が多くても、ドイツ物の方が好きです。 どの国民にもその国のオペラがあります。」と手紙を書いている。アリア「殿方はいつもつまみ食いをしたがる」は、モーツァルトがジングシュピールを書こうとしたが、実現しなかった未完のアリア。モーツァルトはウィーンでドイツ語オペラが消滅してゆくことを「ドイツ語オペラは復活祭が過ぎたらおしまいになるでしょう」と、残念がっていたが、ジングシュピールの作曲を即座にやめて、イタリア語オペラの作曲に着手した。かつてバルカン半島をめぐってロシアとオスマン・トルコの間で何度も衝突があり、第1次から第6次まで戦争が繰り返されたが、モーツァルトがウィーンで生活していた頃はその第2次露土戦争(1787〜92年)にあたり、ウィーン皇帝ヨーゼフ2世はロシア側について参戦していた。 切迫した状況下で、具体的にどのような依頼があったのかわからないが、モーツァルトはこの戦争に関連して士気を鼓舞するためにドイツ軍歌「われはカイザーたらん」を作った。モーツァルトは、前年暮れ(1787年12月7日)念願のウィーン宮廷作曲家の地位を得て、毎年冬期間の舞踏会でのダンス音楽を作るという仕事についたので、戦争に関係する作曲も手がけることになったのだろう。3月19日の「ウィーン時報紙」に広告が出され、それには〝皇帝陛下の現役の楽長モーツァルト氏作曲の、ドイツ兵の『新軍歌』〟と書かれている。曲は歌曲(ドイツ語軍歌 Ein deutsches Kriegslied)であるが、コンサート・アリアに分類されている。歌詞はグライム(Johann Wilhelm Ludwig Gleim, 1719~1803)によるもので、当時ウィーンで人気のあった喜劇俳優でのちに宮廷オペラ歌手となったバウマン(Friedrich Baumann, 1763~1841)のために作曲された。 そして3月7日、レオポルトシュタット劇場で初演され、バウマンが歌った。その後も、バウマンは機会あるごとにとりあげたと思われる。喜劇役者のバウマンが皇帝の真似をして大真面目で歌えば歌うほどユーモラスに見えて、かつまた戦意も高揚し、おまけに異国情緒さえも感じることができ、観客は大喜びだったに違いない。疲れ切った宮廷なんか何のその、モーツァルトはウィーンの庶民のハートをがっちり掴んでいた。
アリア「おお、娘よ、お前と別れる今」は、サンタニョリ・モルビルリ公爵(Duca Sant'Angioli Morbilli)の台本によるパイジェルロのオペラ『ダリオの敗北 La disfatta di Dario』(1776年ローマ、テアートロ・アルジェンティーナで初演)の第2幕第9場の歌詞をとり、友人のフォン・ジャカン(Gottfried von Jacquin, 1767〜92)のために。バス独唱として書かれているが、ゴットフリートの狭い声域を考えて音域はバリトンで作られた。詞の内容は、アレクサンダー大王との戦いで破れたペルシャのダリウス皇帝が、娘のスタティーラが父と敵将への恋心との間で苦しむのを見かねて、自ら別離を決意する、辛い心境を歌っている。レチタティーヴォとアリア「かくて汝は裏切りぬ。激しく堪えがたき苛責」は、バス独唱のためのコンサート・アリアで歌詞はメタスタージオの『テミストークレ Temistocle』の第3幕第8場から。王女に裏切られたと、セバステが激しい怒りをもって逃げ場のない絶望を歌ったものである。おそらく、モーツァルトの最初のオスミーン役だったバス歌手カルル・ルートヴィヒ・フィッシャーのために作曲され、メタスタジオの『デミストクレ』の或るときの上演に挿入されたものであろう。とアインシュタインは判断しているが、このアリアが誰かの作曲になる『テミストークレ』上演の際の挿入歌なのか、それとも純粋なコンサート用アリアなのかについて確証はない。 フィッシャーは、よく知られているように、『後宮からの誘拐』初演でオスミン役を演じた。 彼はコロレド大司教に「バス歌手にしては低い声だ」とけなされたことがあり、モーツァルトはそれに怒って、コロレド大司教を「ザルツブルクのミダス王」(ミダス王とは音痴の代名詞)と呼び、『後宮からの誘拐』ではフィッシャーのためにもっとも低音のアリアを書いたことでも知られている。アリエッタ「御手に口づけ」は、1788年6月2日ウィーンのブルグ劇場で初演されたアンフォッシのオペラ『幸運な嫉妬 Le gelosie fortunate』の第2幕第4場への挿入歌として、フランチェスコ・アルベルタレリのために作曲した。アルベルタレリは『ドン・ジョヴァンニ』のウィーン初演(5月7日)のときタイトル・ロールを歌ったことで知られている。モーツァルトは、この曲の一節に2ヶ月後の「ジュピター交響曲」の第一楽章の第三主題を、そっくり先取りしている。しかし同時に、このアリアは機智、活気、簡潔さ、舞台知識などの点でも一つの傑作である。
第2次世界大戦の潜水艦技術が録音技術に貢献して、レコード好きを増やした。繰り返し再生をしてもノイズのないレコードはステレオへ。ステレオ録音黎明期1958年から、FFSS(Full Frequency Stereo Sound)と呼ばれる先進技術を武器にアナログ盤時代の高音質録音の代名詞的存在として君臨しつづけた英国DECCAレーベル。レコードのステレオ録音は、英国DECCAが先頭を走っていた。1958年より始まったステレオ・レコードのカッティングは、世界初のハーフ・スピードカッティング。 この技術は1968年ノイマンSX-68を導入するまで続けられた。英DECCAは、1941年頃に開発した高音質録音ffrrの技術を用いて、1945年には高音質SPレコードを、1949年には高音質LPレコードを発表した。その高音質の素晴らしさはあっという間に、オーディオ・マニアや音楽愛好家を虜にしてしまった。その後、1950年頃から、欧米ではテープによるステレオ録音熱が高まり、英DECCAはLP・EPにて一本溝のステレオレコードを制作、発売するプロジェクトをエンジニア、アーサー・ハディーが1952年頃から立ち上げ、1953年にはロイ・ウォーレスがディスク・カッターを使った同社初のステレオ実験録音をマントヴァーニ楽団のレコーディングで試み、1954年にはテープによるステレオの実用化試験録音を開始。この時にスタジオにセッティングされたのが、エルネスト・アンセルメ指揮、スイス・ロマンド管弦楽団の演奏によるリムスキー=コルサコフの交響曲第2番「アンタール」。その第1楽章のリハーサルにてステレオの試験録音を行う。アンセルメがそのプレイバックを聞き、「文句なし。まるで自分が指揮台に立っているようだ。」の一声で、5月13日の実用化試験録音の開始が決定する。この日から行われた同ホールでの録音セッションは、最低でもLP3枚分の録音が同月28日まで続いた。そしてついに1958年7月に、同社初のステレオレコードを発売。その際に、高音質ステレオ録音レコードのネーミングとしてffss(Full Frequency Stereophonic Sound)が使われた。以来、数多くの優秀なステレオ録音のレコードを発売し、「ステレオはロンドン」というイメージを決定づけた。
  • Record Karte
  • Recorded 9 - 11 October 1969 in the Sofiensaal, Vienna. クリストファー・レイバーン(プロデュース)、ジャック・ロウ&ジェイムズ・ロック(エンジニア)による録音。
  • GB  DEC  SXL6490 ディースカウ アリア歌曲集
  • GB  DEC  SXL6490 ディースカウ アリア歌曲集