34-17652
商品番号 34-17652

通販レコード→英オレンジ金文字 FLAT 盤
イギリス盤とドイツ盤は歌手が異なる贅沢さ。 ― ドイツ公開時に使用されたドイツ語版サウンドトラック。オペラ・ファンには大いに注目されるところです。歌劇場における彼は、単なる指揮者ではない。英国史上、サー・トーマス・ビーチャムの名声、威光、人気、議論好きの特質に比肩する指揮者は誰もいなかった。その演奏は世界各地で絶賛され、大富豪の家に生まれたビーチャムは、その持っていた財力をすべて大好きだった音楽に注ぎ込むことのできた幸福な人だった。独力で歌手やオーケストラを集め、劇場を借りきってオペラ興行を開いた、19世紀的な興行師の最後のひとりという一面もある。彼は自身の財産を投じてオーケストラや合唱団、歌劇組織を創設したが、ここは大事なところ。趣味の拡大ではなくて天性の音楽家が、たまたま大金持の家に生まれ、好きなだけ使えたお金を「正しく」使ったということだ。半世紀以上にわたって活動を続け、彼の「財力と指揮活動」によってイギリスに紹介された作品も数多い。いや、偉大な趣味人だったのかも。ビーチャムは職業指揮者ではないので、ビーチャムの音楽観でまとめられた録音ばかりだ。批評家が何を書こうが怖くなかったし、人気と支持を受け続ける必要などなかった。自分が育てた庭の果実を味わうだけで良かったのだから。特別な空間で生きている大物だったから、その伸び伸びとした音楽を満喫できるんだろうな。その手腕はコンサートに、オペラに発揮され、その音楽は魅惑とエレガンスに満ち、高揚すると火を噴くような激しいものとなりました。晩年の1950年代末に南米の歌劇場に客演した時の《サムソンとデリラ》《カルメン》《オテロ》《フィデリオ》などの録音を聴いてみると奔流のような音楽に圧倒されるし、1940年代にメトロポリタン歌劇場に登場した際に残した《マノン》《ルイーズ》《カルメン》《ホフマン物語》などのフランス・オペラ名作群には俊敏な躍動感が見事に発揮されている。機知に富んだビーチャムの粋な音楽作りはここでも一際生彩を放っている。戦後間もない時期に鮮明なテクニカラー映像で大ヒットしたバレエ映画『赤い靴』で知られる英国のマイケル・パウエル&エメリック・プレスバーガーのコンビが、製作・監督・脚本を担当した傑作オペラ映画『ホフマン物語』。オペラとバレエと映画を融合したような趣のこの作品は、ビーチャム指揮する音声部分に合わせて映像を収録したというもので、ホフマン役とアントニア役以外は歌と役者の分業となっています。『赤い靴』同様、とても半世紀以上前の撮影とは思えない鮮明なカラー映像が美しく、また、赤い靴で人気をさらったモイラ・シアラーがここではオランピア役を演じているのもおもしろいところです。 主役のホフマンと人造人間・オランピア、高級娼婦・ジュリエッタ、病気の歌手・アントニアが織りなす3つの恋の物語を幻想的に描きあげたこのオペラ映画は当時高い評価を獲得、ベルリン国際映画祭銀熊賞、カンヌ国際映画祭特別賞を受賞しています。
ロッシーニは、当時まだ創設40年ほどしか経っていないミラノ・スカラ座のために1812年に「試金石」を、1814年には「イタリアのトルコ人」を作曲していた。まだ創設からの歴史が浅いスカラ座で「試金石」でオペラ作曲家としての初成功を収めたことや、続く「イタリアのトルコ人」が「アルジェのイタリア女」の二番煎じとして誤解されていたことや、ドイツやウィーンでの音楽の動向に敏感なミラノの聴衆を意識してオペラ・ブッファやナポリのサン・カルロ劇場向けに書いていたオペラ・セリアとはまた別の形の題材を選んだ。歌劇「泥棒かささぎ」は19世紀初頭にフランスで流行していた「救出オペラ」の流れを受け、劇中の音楽はロッシーニのオペラとしては珍しくすべて書き下ろしで構成され、有名な序曲も他の作品と異なりオペラ本体の音楽から採用されている。
メンデルスゾーンは4人兄弟の2番目だった。4歳年上の姉、ファニー・ツェツィリーナ(1805〜1847)は優れた作曲家・ピアニストで、後に画家ウィルヘルム・ヘンゼルと結婚した。メンデルスゾーンは幼い頃から両親や家庭教師について、哲学、文学、音楽、絵画等幅広い教養を身に付けた。「真夏の夜の夢」の序曲以外の付随音楽(作品61)は、プロイセン国王フリートリッヒ・ヴィルヘルム四世の依頼により1842年から43年にかけて作曲された。「真夏の夜の夢 Op.21~序曲」には若い作品番号が別にある。1826年、17歳のメンデルスゾーンはシェイクスピアの戯曲をドイツ語訳で読み、同年夏序曲「真夏の夜の夢」を作曲した。メンデルスゾーンは作品61において、この序曲を使用するだけでなく、11曲から成る付随音楽の幾つかに17年前に作曲した序曲の主題を用いている。
昔はロッシーニの序曲集というLPがけっこう発売されていましたが最近は人気がないのか、ほとんどお目にかかれません。ロッシーニ(1792~1868)にはいったい何曲のオペラがあるのだろう。軽いものからシリアスなセリアまで、ほんとに短期間にたくさん作曲したかと思えば37歳で最後のオペラ「ウィリアム・テル」を作曲後は引退してしまったのですからこんな希有な作曲家はいません。ロッシーニはベートーヴェンとほぼ同時代に活躍し、生存中はベートーヴェンよりも人気があったのに現在では音楽史の年表にも登場しないような扱いです。管弦楽作品ではなくオペラの世界で活躍したことがその原因なのでしょうか。一般的には「セヴィリアの理髪師」とか「ウィリアム・テル」などが知られていますが、その他の作品はほとんど知られていません。少年から青年時代にかけてのロッシーニは、母親の優美な魅力を引き継いで、どちらかと言えば女性的美男子だったが歳をとるに従って父親に似てきた。1850年代の写真で見るロッシーニは、太ってがっしりとして快活そうである。唇は若い頃に比べて薄くなったが、眼差しは生き生きと好奇心にあふれ皮肉のひとつも言いたそうな様子である。ロッシーニの初のオペラ「婚約手形」は1810年、ロッシーニが18歳の時、サン・モイゼ劇場で初演された1幕のファルサ・コミカ。オペラ作曲は《デメトリオとポリビオ(1809年)》に次ぐ2作目だが、上演は《結婚手形》が先になった。序曲は1809年、ボローニャ音楽院時代に初演されたと言われ、弱冠17歳の作品。ロッシーニは1836年に旅行した際、フランクフルトでメンデルスゾーンに会っている。こちらも女性的美男子だったメンデルスゾーンは自らの予想に反してロッシーニに深い感銘を受け、母と姉に書き送った。「いつ何時にも、言葉の端々からこぼれ落ちる知性と快活さと洗練。彼を天才と考えない人間は、あの弁舌を一度でも聞くべきです。即座に考えが変わるでしょう。」
メンデルスゾーン(1809〜1847)の肖像画は、周囲を魅了し続けた彼の快活さを伝えていないと同時代人の多くが指摘している。メンデルスゾーンの印象は描き手との関係や、本人の精神状態によって驚くほど変化した。イギリスでの音楽上の親友、ウィリアム・スターンデール・ベネットはメンデルスゾーンの思い出を「普段のメンデルスゾーンは地味な感じで、道行く人の目を惹くこともなかったが、時として天使のように輝いて見えた。」と語っている。メンデルスゾーンが亡くなった8年後の1855年、フェルディナント・ヒラーがマダム・プファイファーなる女性とメンデルスゾーンのイ短調交響曲4手連弾編曲をロッシーニの前で演奏した。フィレンツェで聴いた八重奏曲を思いおこしながら、ロッシーニはこう語った。「メンデルスゾーンはどんなに小さなモティーフも、溢れるような感性とすばらしい気迫で扱う術を心得ている。」メンデルスゾーンらしいメルヒェン的な雰囲気に満ち溢れた序曲「美しきメルジーネの物語 作品32」を、ビーチャムが小粋にまとめています。響きが透明で、リズムが軽やかであり流麗な音楽作りです。特にロイヤル・フィルの弦が美しく、音の流れがキラキラと輝くようです。ロイヤル・フィルは1813年ロイヤル・フィルハーモニック・ソサエティの発足以来、その所属の管弦楽団で指揮者は初代のG.スマート以後、ウェーバー、メンデルスゾーン、ワーグナーらの大作曲家も指揮にあたりベートーベン、サン=サーンスをはじめ多くの作曲家が作品を寄せた。1946年、指揮者ビーチャムによって改組されてから独立して活動している。
蓄音機時代から言われていることかはわからないが、コロンビア盤をヴィクトローラで聴けというのがある。ロイヤル・フィルの高雅そのものといった音は、EMIの機材、スタジオを使用した純然たるイギリス録音がアメリカ・プレスの「コロムビア・マスターワークス」のLP初期盤で聴くと放縦な気風が加わった感触に変わる。そのことがビーチャムの演奏の印象を左右もしている。ベルリオーズが地中海沿岸の保養地ニース(当時はサルデーニャ王国領、現在はフランス領)に滞在中、ジョージ・ゴードン・バイロンの物語詩『海賊』に触発されて、1844年に作曲した演奏会用序曲。バイロンの物語詩は『海賊の首領コンラッドには愛する妻メドラがいるが、トルコの太守ザイードとの戦で先手を打って勝利し、その女妾グルナーレを救う。やがて形勢は逆転。囚われの身となったコンラッドは死刑を宣告されるが、コンラッドに惹かれていたグルナーレはザイードを殺害。その愛を振り切って、コンラッドが家に戻ると、夫が生け捕りの末に死んだと思い込んだメドラは自害していた。』背景にあるのは、19世紀初期にメキシコ湾で活動した実在の海賊ジャン・ラフィット(仏・1782〜1826年?)。快男児的な海賊のルーツの一人がハイチ革命の最中、フランス人に対する迫害と暴力から逃れるために海賊になったとされる。アメリカの独立戦争やフランス革命の時代、本来だったら、どこかの領地で安閑と暮らせていたはずが、うまく立ち回れなくて野に下ることを余儀なくさせられた貴族の姿が重なる。波瀾万丈の末、暗い結末を迎える物語だが、民衆の多くが喝采を浴びせ、そのロマンをかきたてた。ベルリオーズが、ここで描こうとしたのは、当時の人々が喝采を送りたくなるような誰にも束縛されることなく、国家的な線引きを越えて自由に活躍するヒーロー。この序曲に悲劇性は無く、「海、愛、ヒロイックな戦い、嵐」といったロマン主義時代の大衆が求める要素を巧みに縫合した活劇調の音詩に仕立てられている。
サー・トーマス・ビーチャムは1879年4月29日、英国ランカシャー生まれの指揮者。また、アイロニー、ユーモア、ウィットに富んだイギリス楽壇の名物男でした。1961年3月8日ロンドンにて没。オックスフォード大学を中退し、ウッドとモシュコフスキに個人的に作曲を師事した他は、ほとんど独学で音楽を学んだ。1898年、急病のハンス・リヒターの代わりにハレ管弦楽団を指揮してデビュー。まずは巡業オペラ団を結成し、これは数年続いた。ディアギレフが主宰した伝説的なバレエ団「バレエ・リュス」の指揮者も務めました。同時代音楽の擁護者としてディーリアスやリヒャルト・シュトラウス、シベリウスとの交流はよく知られています。1909年には大富豪であった父の財産をつぎ込んで、ビーチャム交響楽団を設立、リヒャルト・シュトラウスなどの作品を英国に紹介した。1910年からはロイヤル・オペラ・ハウスを自腹で借り切って、自分の思うとおりのオペラ上演を開始した。半分以上はロンドン初演で当たり外れも大きく、決して充実した実入りにはならなかったものの、足らずと損失補填分は父に借財してどうにか凌いだ。1915年にはイギリス・オペラ・カンパニーを創設、しばらくはオペラ指揮者として活動したが1932年、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団(The London Philharmonic Orchestra)を創設、1946年にはロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団(The Royal Philharmonic Orchestra)を組織し現在も活動している。それ以前にも、1906年の新交響楽団(The New Symphony Orchestra)、1909年のビーチャム交響楽団(The Beecham Symphony Orchestra)を組織、ビーチャムは生涯4つのオーケストラを創設し亡くなるまで指揮者を務めた。現在まで続く製薬会社・ビーチャム製薬(現:グラクソ・スミスクライン)創業家一家の御曹司であった彼は、その類まれなる行動力と潤沢な資金を元手に気儘にオーケストラを創設し、自腹で音楽祭でのオペラ公演やコンサートをしていた。莫大な私財を投じて英国楽壇に貢献した功績は大きく、指揮者としては同時代の作曲家ディーリアスの作品の紹介に務めたことでも知られている。現在コンサートの前に演奏者などがプレトークと言って解説をすることもあるけれども、これもビーチャム卿が最初に始めた。ヘルベルト・フォン・カラヤンより先駆けて初のステレオ・レコードとして発売され、英EMIのカタログから消えることなく50年間以上も多くのクラシック愛好家が代々忘れずに愛聴しているのですから、評価の方も高いことは証明されているでしょう。ビーチャムは82歳まで生きた長寿だけども、1960年に自分の為に創設、編成したロイヤル・オーケストラ後継者にルドルフ・ケンペを指名して引退。1961年に他界しています。現在でも世界4番目と言われる製薬会社の御曹司に産まれたビーチャムは、やりたいことをやって生き抜いた音楽家として満足でしょう。
ドイツの大作曲家のいわゆる「3大B」 ― バッハ、ベートーヴェン、ブラームスのことを少々意地悪に、音楽史上の「3大退屈男」と呼んだことがある。とはいえ、はなから拒絶したわけでもなくベートーヴェンは全交響曲や協奏曲をしばしば演奏し、レコーディングも行っている。現在では「トルコ行進曲」と序曲しかレコーディングされることがほぼない劇付随音楽『アテネの廃墟』全曲をレコーディングしている。自慢の財力と持ち備えたセンスで若い頃から大々的な活動を繰り広げたビーチャムを突き動かしたのは、ある意味「音楽の開拓者」という使命感だったと言われている。その演奏は世界各地で絶賛され、独特の熟成した美しいアンサンブルにマイルドでエレガントな音色はビーチャムの時代から変わらぬ名演に満ちています。英国音楽界を牛耳っていたとも言われるほどの存在だった怪物だからこそ成し得た、満足できる音楽を自由にやりたいように演奏、録音をした。その演奏内容の多彩さには驚くべきものがあります、定評あるディーリアスでは独特の空気感を伝える絶妙な美しい演奏をおこなう一方、フランス音楽やベートーヴェン、モーツァルトなどでは、ときに過激なまでの思い切った表情付けで楽想をえぐり、さらにハイドンではスケール大きく懐の深い演奏を聴かせるといった具合で、それぞれの作品に真摯に向き合う姿は実に感銘深いものがあります。また、レオポルト・ストコフスキーを初めとして1950年代にレコードをたくさん録音した指揮者は楽譜にはない演奏を良くしていますけれども、ビーチャムのレコードもそういった演奏がとても多くあって新鮮に楽しむことが出来ます。ビーチャムは幅広いレパートリーを誇り、正規レコーディングだけでも採り上げた作曲家の数は69人、そして録音曲の数は477曲を数えたという。ビーチャムの演奏は常に生き生きとした演奏をして、聴衆を大いに喜ばせた。ジョン・エリオット・ガーディナーは『アート・オブ・コンタクティング』の中で「彼の演奏は玉のような宝石があふれ出てくるようである」と評している。レコード録音のレパートリーのスタンダードも構築したような業績もあるので、親しんでいる曲からでもビーチャムの録音盤と聴き比べるのは面白く勉強に成る事でしょう。プチ贅沢でなく、秀吉の黄金の茶釜や金箔をふんだんに使った屏風絵が圧倒するだけの金持ちのおもちゃには思えないように、数ある指揮者や歌手のわがまま、自己満足、力を誇示するために録音されたレコードの中でもツタンカーメンの黄金のマスクに匹敵する文化遺産になるレコードです。録音のためのスタジオから、当時最新だった録音機まで気配りも怠りなかっただけに面白いサウンドに仕上がっています。ステレオ録音が未だ実験段階だった時期の録音なのですが、それが俄に信じ難いほどの優秀録音です。
ホフマン:ロバート・ラウンズヴィル、オランピア:モイラ・シアラー(歌:ドロシー・ボンド)、ジュリエッタ:リュドミラ・チェリーナ(歌:マルゲリータ・グランディ)、アントニア:アン・エイヤーズ、コッペリウス:サー・ロバート・ヘルプマン(歌:ブルース・ダーガヴェル)、ダペルトゥット:サー・ロバート・ヘルプマン(歌:ブルース・ダーガヴェル)、リンドルフ:サー・ロバート・ヘルプマン(歌:ブルース・ダーガヴェル)、ミラクル博士:サー・ロバート・ヘルプマン(歌:ブルース・ダーガヴェル)、ニクラウス:パメラ・ブラウン(歌:モニカ・シンクレア)、スパランツァーニ:レオニード・マシーネ(歌:グレアム・クリフォード)、シュレミル:レオニード・マシーネ(歌:オーウェン・ブラニガン)、フランツ:レオニード・マシーネ(歌:グレアム・クリフォード)、コシュニル:サー・フレデリック・アシュトン(歌:マレー・ディッキー)、ピチナッチョ:ライオネル・ハリス(歌:マレー・ディッキー)、ヘルマン:リチャード・ゴールディング(歌:オーウェン・ブラニガン)、ナサニエル:ジョン・フォード(歌:ルネ・ソームズ)、クレスペル:モーゲンス・ウィース(歌:オーウェン・ブラニガン)、ルター:マインハート・マウアー(歌:フィッシャー・モーガン)、クラインザック:サー・フレデリック・アシュトン、アンドレアス:フィリップ・リーヴァー、アントニアの母:ジョーン・アレクサンダー、銀行員:アラン・カーター、サドラーズ・ウェルズ合唱団、トマス・ビーチャム指揮ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団。1947年、シェパートン・フィルム・スタジオでの録音。
GB DEC  LXT2582-4 トーマス・ビーチャム オッフェン…
GB DEC  LXT2582-4 トーマス・ビーチャム オッフェン…
GB DEC  LXT2582-4 トーマス・ビーチャム オッフェン…
GB DEC  LXT2582-4 トーマス・ビーチャム オッフェン…
GB DEC  LXT2582-4 トーマス・ビーチャム オッフェン…
GB DEC  LXT2582-4 トーマス・ビーチャム オッフェン…
GB DEC  LXT2582-4 トーマス・ビーチャム オッフェン…
GB DEC  LXT2582-4 トーマス・ビーチャム オッフェン…