34-9849

商品番号 34-9849

通販レコード→英ブラック金文字盤 【SP盤】

あちこちに才気がひらめいていて。 ― ダニー・ケイの映画は面白かった。ところがその映画からではわからない、隠れた才能がこのコメディアンにはあったのだ。クレイジーキャッツの谷啓はこの人に肖って名前をつけた。彼は劇的な部分はあくまで役に忠実に演じ、ひとたび彼の持ち味を活かすシーンでは思い切ったダニー・ケイ・スタイルを味あわせてくれている。彼は1940年代にアジアにいて、体を使ったユーモラスな歌の芸を身につけた。彼は未だ無名の頃日本にマーカス・ショウという旅廻りの一座に入って来日したことがある。第二次世界大戦前、昭和12、13年頃の事だった。昭和13年(1938年)には、「電力国家管理法」が成立。翌年、既存企業から強制的に設備出資させた国策企業「日本発送電株式会社」が設立され、民間電力会社は9つの配電会社となり、電力の国家管理時代を迎える時期にあり、第二次世界大戦が近づいて統制色が高まる中で、家庭への電力供給事情は悪かった。当時出来立ての日劇に出演したのだが、無名のダンサーがバンドと一緒に公演している途中で停電になって舞台が真っ暗になってしまった。その時、傍らから舞台を観ていたケイが機転を利かせて懐中電灯を両手に持ち、全く即興のタップダンスで5分間電気がつくまで舞台で間をつないだという伝説の、いや真実の逸話がある。彼の得意芸のうちに早口歌というのもある。えらく発音しにくいしたを噛みそうな名前を恐るべき早口で歌いまくるというのだが、1943年の映画「Dubarry Was A Lady」で唄われる「Ma dame I Love Your Crepe Suzette」の歌詞なんかはちょっとトリッキーな英語なのに、なぜか外国人にもバカ受けしてしまう。ミュージシャンとしても一流だったわけで、その証拠には、ものすごい速さでハイブローなジャンルの歌マネをこなし、いろんな外国なまりで半分チンプンカンプンな歌を歌いあげる。それがカフェ系のおしゃれな人々にも、ビアホール系のがやがやした連中にも、両方受けてしまったのである。自身の役で堂々と出演していルイ・アームストロングと「五つの銅貨」(1959年, Five Pennies)をスキャットで本気でデュエットしたかと思うと、次は子供の遊び場で「しゃくとり虫」の歌。しかしケイのもう一つの資質を見逃すわけにはゆかないだろう。それは「ラグタイムの子守唄」で聞かせる彼の柔らかな、ソフトな、そして暖か味のある歌い方である。スラップスティックに大騒ぎする一方に、ゆったりと落ち着いたテナーを聴かせてくれるケイは実に得難い芸人といえよう。まったくこんな人はめったにいるもんじゃない。ケイの本邦初登場の主演映画は1947年の、「虹を掴む男」。本盤「BLOOP BLEEP / I WONDER WHOS KISSING HER NOW」が発売された、1948年にロンドンのパラディウムに彼のショーを持って行きライフ誌に〝Worshipful Hysteria.〟と評が載った。王室がこのショーに臨席したとき、彼はオーケストラとともに出迎えた。1948年は一世を風靡したスイング・ジャズに加え、モダン・ジャズ(ビー・バップ)も台頭した時期である。→コンディション、詳細を確認する
ダニー・ケイ ― ニューヨーク市ブルックリン出身。1913年1月18日にユダヤ系移民の子として生まれる。本名は David Daniel Kaminski。幼い頃から歌とおしゃべりが得意で13歳の頃からナイト・クラブなどで給仕をしながら舞台に立つようになる。1933年からはレビュー劇団に入って全米やアジアを廻り(1934年には日本にも来ていたとか)、1937年にはコメディ映画に出演。その後ロンドンへ楽団の一員として渡り1939年にはブロードウェイ・デビューを果たす。そこでロシアの作曲家の名前を54人も盛り込んだ早口歌を披露して話題となり、以前から契約の申し出をしていたサミュエル・ゴールドウィン製作の「ダニー・ケイの新兵さん」で本格的に映画デビュー。以降「虹を掴む男」を代表とするロマンティック・コメディで類い希なる才能を発揮して活躍。1954年にはアカデミー特別賞に輝いた。同時にユニセフの親善大使として活動を始め、世界各地を廻ってステージを務め、やがてその活動の方に力を注ぐようになり1960年に入った頃には急激に映画出演が減ってしまったが1963年からはTV『ダニー・ケイ・ショー』が始まって多くのファンを再び魅了。翌年にはトニー賞も受賞した。その後1969年の「シャイヨの伯爵夫人」を最後に映画からは身を引きブロードウェイやTVMにときたま出演しながらユニセフの活動を精力的に続け、その功績を称えて1981年にはアカデミーのジーン・ハーショルト友愛賞を授与された。映画デビュー以前に知り合った作詞家のシルヴィア・ファインとは1940年に結婚。夫婦共作で多くのヒット曲を生み出している。1987年3月3日、心臓発作でこの世を去った。
  1. Bloop, bleep, bloop, bleep, bloop, bleep
    The faucet keeps a-drippin' and I can't sleep
    Bleep, bloop, bleep, bloop, bloopbloop, bleep
    I guess I never should've ordered clam soup
  2. Bloop, bleep, bloopbloop, bleepbleep, bl.bl.bl, bl.bl.bl
    I wonder where to go to buy a car cheap
    (Warbling) Blblblblblbl (x 6)
    What is it with the babe next door
  3. What is it she does to me
    What mad kinda thrill do I find
    Looking at her walking, just walking by
    Don't know I'm alive but she's driving me out of my..
    Bleeoo, bleep, bloop, bleeep, bl.bl.bl.bl, bl.bl.bl.bl
    The faucet keeps a-drippin' and I just can't sleep
  4. (Childish crying) Bloop, bleep, bloop, bleep, bloop, bleep
    I better call the plumber 'cause I just can't
    Sloop, er blee, sleebleep, blooblee er sleeboo, bl.bl, blooslee, sleebloo'er
    Sleeeeeeeeeeeep!
  • Record Karte
  • 1947年9月発売。デッカ録音。
  • 【SP盤】GB BRUNSWICK 3812 DANNY KAYE …
Bloop Bleep
Revolver Records
2013-11-28