100年後でも聴いて楽しいアナログ名盤レコード

オリジナル盤,LP,RECORDSOUND

EMI, DECCA, DGG のカタログから、100年後でも聴いて楽しいアナログ名盤レコードのために、良く聴かれ親しまれている名曲を聴く機会の多い名盤をセレクトしました。平成28年4月14日に熊本地震に遭遇して避難所生活中。6月になって、ようやく音楽を聴けるようになって、受け止めること感じることが変わったことに刺激を受けてブログを再開。気に入って聴いていた愛聴盤を改めて考えてみています。
headercover800x280

カルロス・クライバー最後のセッションにして、唯一のワーグナー。澄んだ陰翳の深さと品格を求め、厳しいまでの美しさで愛の悲劇を鋭く浮き彫りにして居る。 ...

このページのトップヘ